FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

柔軟な併願が組みにくい?神奈川・女子
きょうは神奈川女子の併願動向を俯瞰してみます。

併願データ上は、志望者の多い順に並べると、いずれも2月1日入試で

洗足学園、フェリス女学院、中大横浜、横浜共立学園と並びます。

実際の受験者数では、フェリス女学院、横浜共立学園、洗足学園、中大横浜と並びます。

フェリスのみ1回入試。洗足学園は2日に2次入試、5日に3次入試

横浜共立は3日に2次入試が設定されています。中大横浜は2次入試が2日の午後です。

女子校3校はすべて受験することも可能といえば可能です。

では併願動向。

最初に洗足学園の場合。

2月3日→横浜共立学園・鴎友学園女子、2月4日→田園調布学園・鎌倉女学院

が多いようです。1月入試は想定していない受験生が多数派で、

まずは1日・2日・5日と全回受験する以外は3日・4日の併願校は割れていて

多岐にわたっているようです。

都内の受験生が洗足学園を第一志望にするケース。第二志望以下に都内の学校を

設定するケースなど、神奈川でも都内に近いロケーションを活かした併願が目立ちます。

続いてフェリス女学院。併願校で多いのは

1月入試→浦和明の星女子、2月2日→洗足学園・鎌倉女学院、3日→横浜共立学園、

4日→鎌倉女学院、5日→洗足学園。

ここでは各日程の最難関を順番に受けていくリスキーな受験生が気になります。

3校め。中央大学附属横浜。この学校だけ大学付属校です。

当然他の3校の女子校とはまったく違う併願ラインナップになります。

2日午前→法政第二、3日→神奈川大附属・日本女子大附属・青学横浜英和、4日→法政第二

この中で実質的には進学校である神奈川大附属は異質な存在です。

最後は横浜共立学園です。目立つ併願校は

2日→鎌倉女学院、4日→鎌倉女学院

この学校の場合も地理的な要因から1月入試は想定していないようです。また偏差値の状況から

難易度が高い2日・5日の洗足学園を併願するケースはごくごく少数で

意外と選択肢は少ないように見受けられます。

これを鎌倉女学院志望者から見ても1日受験校は横浜共立・フェリス・横浜雙葉が多く、

もし第一志望なら押さえの学校を探すのに苦労しそうなほど固定的な組み合わせのように

見えます。

このため清泉女子学院、神奈川学園、山手学院、中大横浜などの午後入試を

押さえにおくケースもあるようです。

参考までに第一志望率は洗足学園72.1%、フェリス女学院73.4%、中大横浜64.4%、

横浜共立学園68.2%となっています。

手元のデータを見る限り、神奈川・女子の場合は男子よりも

交通アクセスに大きく影響を受けていて、また上昇中の注目校が少なく、

柔軟な併願校選びで押さえを見つけづらいことが読み取れます。

そして神奈川・女子のこれらのデータにも、やはり微妙な偏りが見てとれます。

明日からは話題を「併願校選びの背景」にシフトして進めようと思います。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 08:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する