FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第二志望、第三志望を悩み始める時期はいつ?
ブログの話題が第一志望の生徒をしっかり取りたい、と入試回数を減らした

当初の鴎友学園の話からどんどん脱線してしまいました。

第一志望の生徒を増やしたいと考える前に、何が何でも受験生を

増やさねば、と意気込む学校あり、

以前から、第二志望、第三志望の比率は高いが、さして問題を

感じないという学校あり、志望順位を厳密に考えている学校が

必ずしも多数派ではないようにも思えてきました。

受験生の側も、進路実績が優秀であれば、どの難関中でも

かまわないと思いがち、なのでしょうか。

合否結果をどう受け入れるかは別にして、

限られた時間内で志望校対策をするわけですから、

ある程度志望順位はしっかり認識しておいたほうが

いいと思います。

この「どの学校でもいい」という考え方がが変わるタイミング、

もしくはまったく変わらない理由と

「なぜ中学受験をするか」への掘り下げはリンクしていると

思うのです。

中学受験を目指して進学塾に通いつつ、どこで受験を

現実のものとして捉えるか、の問題でもありますね。

そのあたりを考えながら、何度も参考にしている

四谷大塚10月の併願資料を題材にしながら、

このあとは現実の入試結果との比較をしてみたいと思っています。

例年、秋の時点の併願動向は

「ほんとうにこれでいいのか」

と思うのですが、

入試結果が出てみると、けっこうダークホース的な

学校が受験生を集めていたりします。

これで最初のスタート地点にうまく戻るでしょうか。

多少は大手塾の意向もあるかもしれませんしね。

今後の分析で小6夏以降の迷いを

あぶりだすことができれば幸いです。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 09:20:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する