FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第一志望者の多い東京2月1日午前入試…
東京都内の中学入試の場合、2月1日午前入試で

第一志望校を選択する傾向が強いということは

伝統的な傾向と言えるでしょう。

それだけ多くの学校が2月1日午前に

入試日程をかまえています。

神奈川男子校のように、2日入試の栄光学園・聖光学院、

3日の浅野が人気御三家であるのとは、かなり趣が異なります。

もちろん、東京在住→神奈川校受験、神奈川在住→東京校受験

もありますから、都内校の2月1日午前受験生が

ことごとく第一志望ということでもありません。

そんな中で都内の学校で伝統的に2月1日に入試日程を

構えていないのは…

男子校→明大中野、学習院、立教池袋、暁星

女子校→豊島岡女子学園、白百合学園

共学校→慶應義塾中等部、明大明治、青山学院

などごくごく少数です。

大学付属校が目立ちます。

大学の付属校は6年後の大学進学を

視野に入れた受験生が志望してくれるわけですから

志望順位は気にしないのかもしれませんね。

その点ではすべての学校が

受験生の志望順位上昇に関心があるとも

言い切れないかもしれません。

受験生の立場から言えば、

第一志望校だけを受験するケースは少ないわけで

選択肢が多ければそれは助かります。

しかしながら、受験生の数だけあるはずの

併願パターンも意外と制限があるのが現実です。

それは東京に限っても男女で違います。

2018年の受験生も出願までまだまだ十分な

時間があると油断していると、直前でリスキーな

選択に追い込まれることになります。

四谷大塚の秋口の併願傾向データなどを見ると

「まさか、このまま本番へ?」

みたいな感じです。

というわけで、次回からは第一志望者の多い学校を

第二志望に据えるリスクも含めて、

東京の併願事情の基本を男女別に考えてみたいと思います。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2009-2015 | 09:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する