FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

改革のタイミング…新たな価値の創造は常に難しく
どうも、這い上がろうともがく学校に対して手厳しい

キタシロです(笑)。

別に募集不調の学校、極端な学校改革を進める学校に

否定的なのではなく、募集面の努力と、

入学してからの教育内容にアンバランスを感じるから、

なのですが…。

上位校でも旧態依然として、失速傾向が続く古豪にも

違和感は持っています。

このブログの話題の中心のひとつは、

しっかりした学校選びをする、地雷校に引っかからない、

ですから、「ちょっと待って。それで大丈夫?」な

学校にはさまざまなタイプがあります。

21世紀に入ってから、よい意味で豹変したと言える

学校のひとつはやはり広尾学園でしょう。

この学校は元女子校です。

渋谷教育学園渋谷、青稜も元女子校ですが、

共学化してからもう20年以上が経過しています。

だいぶ実力が安定したということだと思います。

上昇傾向は残しつつ…。

宝仙学園も共学化1期生は優秀な成績を残していますが、

この学校は高校募集部分に女子校を残しています。

単にドラスティックな学校改革のみ評価する、という意味では

ありません。

ただ、一部に伝統的な部分を残した改革を世間は

どう見ているのか、と思います。似たような例はいくつか

あります。

旧体制を維持したまま、新体制を構築し、同じ校名で

実態の違う?複数の学校を作ろうとするケースもあります。

特進クラスと一般クラスという内部的な区分なら、

入学してからの透明度が低くてもやむをえない気もしますが、

カリキュラムや目指す進路がまったく違う学校が

同一法人、同一ファミリー内に隣接している状況は、

きっちり対比するほどに、

それぞれ在学している生徒たちのメンタルは

どうなのか、気になってしまいます。

それほどに女子校(男子校)を共学化することは、

OG(OB)の存在も含めて、

変革しないでほしい、という

逆風が存在するという

ことなのかもしれません。

まあ、結果が出れば、その方法が正しかった、

となるわけですが。

ふだん学校サイトは進路実績や募集要項ぐらいしか

チェックしないかもしれません。

たまには沿革を覗いてみると、その学校の価値観の

ルーツ、変遷が垣間見える、ということできょうは

まとめます。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 08:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する