FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

共学化は切り札じゃない…と誰もが知っている
2018年の中学募集から東京・神奈川で1校ずつ

女子校が共学化するようです。

各々の背景は違うようですが、

ここ20年程度を見ていくと、数多くの男子校・女子校が

共学化しました。

募集困難に陥っているのは、女子校の比率が高いので、

共学化に踏み切ったのも女子校のほうが多いようです。

このうち、どの程度の割合が共学化で成果を

挙げているのでしょう。

もちろん成果とひとくちに言っても

さまざまな側面があるわけですが、

共学化することで、募集面で安定した、という最低限の

成果ですら、挙げている学校は多くないと思います。

ただし、それは中学募集の面から見た場合で、

高校募集を主体に考えた場合、共学化して、公立中堅校の

併願のポジションにうまく収まって、難関大実績で

目立たなくとも、幅広い受験生を集めることができれば、

とりあえずは成功です。

高校募集で実を取る、という考え方もあるわけです。

中学受験生はそれを踏まえて、現実を見る必要があります。

冒頭で東京の女子校2校がそれぞれの理由で共学化する、

と書きました。

でもここで校名は書きません。

ネットで調べるとすぐにわかると思います。

いま手元に1都3県の私立中学の過去10年程度の受験者数推移が

あります。

感想を率直に言うと、共学化したのに総受験者数が3桁に届かない

学校が結構目立ちます。総受験者数ベースで募集定員割れ。

そして総数50名を切っているのに、

まだ女子校のまま、というケースもあります。

四谷大塚や日能研の偏差値表には載らない学校です。

もちろん共学化すればいいというものでもありません。

共学化を決断するタイミングも学校でそれぞれでしょう。

意外と高校募集で保っている学校が隠れていたりもします。

ちょっと極論かもしれませんが、混沌とした時代を生き抜く力、

問題発見、解決能力が中高一貫の6年間で身について、

さらに進学して、愛する母校に戻り、建て直すような

OB・OGの美談がひとつくらいあってもドラマチック

なんじゃないかな、なんて無責任に思ったりしますが、

受験者がいくら減っても、学校ってつぶれないから不思議です。

それでも、この5年間で中学募集を停止した学校も

ありますから、安心はできないわけですが。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 10:25:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する