FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

最新トレンド、複線化募集のその後は?
特進クラスであろうが、一般クラスであろうが、

合格すれば同じ…と思えるかどうかには

個人差があるかもしれません。

せっかく難関中学になんとかかんとか合格しても、

下位合格ではその先、授業についていけず、

「深海魚になる」という主張をする人もいます。

それよりはワンランク落として、入学してから

中位以上にいるほうが幸せだと言います。

また、入学時の成績は中位だったけれど、その後の頑張りで

その学校で数人しかいない東大合格を果たしたという

例もあると聞きました。

この部分については何が正しい、ということは

まったく言えません。

志望校に入学できることがまずは幸せです。

少し前に特進クラスは誰のため?

と記事を書きました。

合格ラインが少し違う別々の入試を経て

入学した生徒たちはその後どうなるのか。

そんなデータはまず公表されることがありません。

学校によっては一貫生と高入生の大学合格実績の

区別さえありません。

些末なことかもしれません。

さて、募集時点のコース分け、クラス分けは

その後どうなっていくのでしょう。

そう考えると、どんなクラス編成で教育を展開していくかに

学校のポリシーがはっきり表れるように思いますね。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 09:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する