FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

同じ学校でも合格ラインには大きな差?
さあ、来年度以降はじめて中学受験に臨もう、特に私立を

第一志望にしようと考えている保護者の方々には、

もしかしたら、どうしてこうなっているのかさっぱりわからん!

という内容になるかもしれません。

あと各記事単独で拾い読みしても、なかなか理解できない内容かな、

とも思っています。遠い将来のことなのでいまわからなくても

いいや、と思うかもしれません。

ただキタシロ的には、少し考えれば「なーるほど…」という

内容だと思って書いています。

そうでないと、いざ本番を目の前にして、失敗の選択肢をひく

確率は高くなるのだと思います。

さて、会場テストの偏差値の信頼性…これはたかが偏差値、

されど偏差値という部分であると実感しています。

多くの場合、偏差値は学校と1:1対応しているものでは

ありません。

入試回数が多くなるほど、その学校に対して、というか、

その入試回についてさまざまな偏差値がついてきます。

そして多くの学校は自校の偏差値が「もっと上がるといい」と

考えている点については、これまでも説明してきましたね。

きょうは同じ学校の同一日程、もしくは対をなす午前午後の

日程で偏差値に差がついているケースをいくつか

ピックアップしてみました。差のつきかたは大きい小さいいろいろ、です。

hensachi_ds.jpg
(注)引用しているのは首都圏模試センターの16年12月の偏差値です

これはいちばんやさしいところで受かっても、

合格は合格。いちばん難しいところで受かっても、

合格は合格です。もしかしたら気分的には違うかもしれません。

これもまた裏を返せば、しっかり過去問対策をして、

80%偏差値に届いていなくても逆転合格する、という戦略も

可能といえば可能です。

ただし、ここのところの記事の流れですから、

学校はより実力上位の受験生を集めたい、という募集心理の面に

重きをおいて書いています。

学校別にあまり深く突っ込む気はありませんが、基本的な考え方、

構造はインプットしておくにこしたことはないと思います。

個人的には軽々しくスーパーとか東大とかの

ネーミングは嫌いです。それでも、そういう入試に

ネーミングをつけることで、よい結果がついてくるのであれば、

募集戦略としては成功と言わざるを得ませんが、さあ実際はどうでしょう。

それにしても、今回ピックアップした中には、女子校が見当たりませんでした。

コース別募集ではなく単純に午前入試・午後入試ということで見ていくと

違ってくると思いますが、コース別・クラス別募集による

偏差値のギャップに着目することを主眼にしてますので、そこは流します。

※日本大学中高のGLとはグローバルリーダーズクラス、NSとはN.スタンダードクラス

とのことです。くわしくは同校サイトを参照のこと。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 11:20:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する