FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

入試改革、学校改革の中長期的ビジョン…
数年前のある学校のことを思い返しています。

ほんとうにいま思えば、なのですが、

当時すでに戦略的に中長期を見通していたとすると、

その学校の力量(経営手腕?)にうなるしかありません。

ここで具体的な校名は出せませんが、

偏差値をめぐってこんなことがありました。

自分が直接担当していない、高校受験のガイドブックだったのですが、

あるときその学校の校長先生にこう言われました。

「高い偏差値にしてくれて感謝します」

というのです。

ちょうどその学校が入試改革をした直後のことでした。

もちろん、偏差値は編集部で勝手に決めたわけでなく、

会場テストの主催者に資料提供してもらい掲載しているのですが、

とにかく感謝されました。

まさか業界人で実情を理解していないはずがない、と

そのときは不思議に思いました。

実際問題、都立トップレベル校の志望者がどの私立を併願しよう、

と考えてガイドブックをめくったときに、その数値を見て、

確かに「あ!ここ!」となるわけです。

中学受験生以上に高校受験生はそれまでの経緯よりも

点と点で判断する傾向が強いですから、設定された複数のタイプの

入試の中でもっともプレミアムなコース(クラス)の偏差値が

絞り込まれて掲載されるインパクトは学校にとって賞賛に

値するものだったのかもしれません。

当時の自分はその高校受験のガイドブックを

そこまで突き詰めて考えることがなく、

誌面には限りがあり、

偏差値を何種類も掲載できないから、いちばん高いやつを

載っけておいても大勢に影響なし、ぐらいの熱意だったのかもしれません。

さてここで、立場を変えて見てみると、こうなります。

学校改革を機に

・中高一貫校として飛躍したい

・いきなり中学募集で上位生を集めるのは無理

・高校募集で3年で結果を出すことで、中学募集に波及効果を得たい

・まずは高入生を強化して6年後、9年後をにらむ

その第一歩、第二歩として、高校募集のある私立進学校として

大手出版社発行のガイドブックの評価されることは有意義…

だったと思うのです。

ほんとうに中高一貫に力を入れるのであれば、なぜ高校募集を

継続するのか?

“現状はそのほうが効果的だから”

に他なりません。

この学校の例だけでなく、共学化した学校をそれぞれ

見ていくとまず「高校募集はどうするの?」という問題に突き当たります。

中高同時に共学化するケース、中学共学化の3年後に高校も共学化する

ケースそれぞれあります。

中高同時に共学化しつつ、高入生が先んじて実績を残せた学校は

その3年後、さらに倍近い実績がやってくるのです。

そんな例が少ないながらもいくつかあるわけです。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 13:35:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する