FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

特進クラスはほんとうは誰のため?
以前紹介した富士見という東京の女子校の話で、

特進クラスを廃止したら進路実績が伸びた、という話を紹介しました。

これとはまったく別に中高一貫ではない私立高校の話ですが、

人気回復のために校内改革を進め、

特進クラスを新設したときのエピソード、

こんな話を聞いたことがあります。

募集初年度に希望者が少なかったので一般クラス入試の

成績上位者を「特進クラスへ勧誘」したのだそうです。

その時点では「そうまでして勉強したくない」

「部活にも打ち込みたい」という拒絶の姿勢を見せた

生徒が多かったのだそうです。

これは進学校とはまだまだ呼べない学校での一例ですから、

何とも言えませんが、

「特進クラス」=勉強を頑張って難関大学へ行く人

「一般クラス」=バランスよく部活にも打ち込み、学校生活を

エンジョイする人

という区分がされている学校もまだまだ多いようです。

これが進路実績トップ100レベルになってくると、

難関大学進学はほぼデフォルトになって、そこに上乗せして

いかに充実した学校生活を送るか、という方向に

志向が変わってきます。

そのいっぽうで、上位トップ100でも

「東大選抜クラス」だとか、「スーパー特進クラス」だとか

さまざまなネーミングで募集の複線化をしている学校が

存在するのも事実です。

明らかに上位クラスでなければ難関大進学が不可能な

レベルではなくても、よりプレミアムな選抜クラスを

設けているというわけです。

たとえば栄東を例にあげましょう。

東大選抜クラスと難関大クラスでどれだけ進路実績が

違うのか。

答えはカンタンです。外部に公表されませんから不明です。

というか、そこは問題にならないのだと思います。

東大選抜クラスという募集をすることで、合格ラインを

高く設定したなら、次位の難関大クラスの合格ラインが

維持できる、もしくは徐々にでも上昇する、と発想する

からでしょう。

キタシロ的には東大クラスでなくても、このぐらいの高率で

早慶、MARCHクラスに合格する、となれば、学校にとって、

中高両方の受験で追い風になるでしょう。

これは結果的に2つ前の記事で書いた、

受験生(入学生)の質の向上のテクニックなのだと思います。

(つづく)



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 09:20:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する