FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

学校側は数だけでなく質も向上させたいものの…
●共学校の総受験者数が増えている

●共学校の第一志望者はそれほど増加していない


そのからくりは3点あると思います。

まずはその前に、

前回紹介した東京・共学校・総受験者数トップ10校の

この数字を見てください。

総受験者数に占める、初回入試受験者数になります。

(コース別募集の場合はベーシックなコースでカウント)

広尾学園=19.6%
三田国際=7.3%
渋谷教育渋谷=27.4%
東京農業大学第一=51.0%(P)
宝仙学園=3.1%
東京都市大学等々力=12.3%
開智日本橋学園=15.4%
慶應義塾中等部=100.0%
明大明治=61.6%
法政大学=25.3%
桜美林=10.8%

初回入試受験者ですから、まず最優先でその学校を受けたい

受験者の数、ほぼその学校を第一志望としている受験者の

数にほぼ等しいといってもいいはずです。

この10校の中で、

東京農大第一は初回が1日午後入試(P)、

明大明治は初回が2日午前、慶應義塾中等部は3日の

入試ですから併願作戦上はほかに第一志望校が

あってもここの初回入試は受験できます。

あまりに難易度の高い学校の場合は、

入試日程がたとえ複数回でも

何度受けても合格しないという事態が

発生するように思うかもしれませんが、

実際にはそういうケースは

ありません。初回入試がもっとも受かりやすいのは

会場テストの偏差値が示す通りです。

ということは初回入試を受けることなく、

他の日程を受験するということは、

この学校が第一志望ではないか、もしくは

いちばん合格難易度の低い入試回を受験せず、

特待入試、午後入試などの日程を受ける受験生が多い、

さらには公立中高一貫校を意識した適性検査型入試で

人気を集めている学校の可能性があります。

受験者数の集計上、

共学校に活気があるように見えてしまう

3つの要因とは

午後入試を設定して受験機会を増やしている

.募集コース及びクラスを複線化して、一般コース(クラス)・

上位コース(クラス)を並行募集し、まわし合格や再受験を発生させている

.1日午前に設定する通常入試とは別に、公立中高一貫受検生を

対象にした適性検査型入試をかまえている

この3点です。

伝統ある男子校・女子校は募集が順調であるほど

こういった目新しい入試改革を行うことなく

粛々と募集を行っていますが、

新規参入組(もしくは募集不調組)は思い切った戦略で臨まないと

伝統校に食い込めないというわけです。

他業界でもありがちな構図と言えます。

よって、この「共学校人気」はほぼ思い過ごしに近い、

とキタシロは見ています。

とりあえず、広尾学園のようなポジションを目指したい、

ホンネでそう思う学校は多いとは思いますが、

もちろんその席は十分でありません。

具体的な校名を挙げますが、進路実績推移で

終盤のほうで紹介したかえつ有明。

厳密にはこの学校は男女募集・別クラスの別学校で

共学校ではありませんが、この学校、江東区有明移転

以降は女子校時代とは打って変わった実績の伸びを

見せています。それでも共学校人気上位10校には

食い込めていません。この程度の実績の伸びで

さほど評価されていないとすれば、世間の目は

厳しい。というのではなく、単に現在進行形の

募集戦略で目立ったもの勝ち、

ということのようにも感じられます。

「いまこそお買い得」の幻想に人間は弱いですから。

とにかく目新しさで勝負!

つまりはいま受験生を集めていても

卒業生が出る6年後にはまた別の学校に

興味・関心が移っているという次第でしょうか。

期間限定…などというプレミアム感は

学校には必要ないと思うのですが、どうでしょうか。

もっと突っ込ませていただければ、

保護者の側にそういうタイプの

学校に魅かれてしまう背景があるようにも

思うんですが、そこはきょうのところはやめときます(笑)




■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2016-2017 | 10:10:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する