FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

永遠の「お買い得校」探し…
さて、中高一貫校の進路実績の推移を見続けてけっこう長いですが、

今回の100校「分析」で並行して受験者数との相関もつぶさに見させて

いただきました。

受験生が多かった年にしっかり上位生を確保しておいて、6年後に

結果を出し、さらなる人気へつなげていく…

言うはやすしで、なかなかそのように循環している学校は

少ないようです。

それは裏返せば、学校が6年間しっかり育てられないということも

あるかもしれませんが、地に足がつかないバブルな人気の年だった

だけのような気がします。

例えば午後入試導入の初年度とか、共学化一年め、新校舎移転決定の年、

などなど。

中学受験の世界は常に先物買いで、

「お得な学校探し」が常に行われています。

まあ、これがなかなか大変です。

特に偏差値的にいまは低いが、あとあと大化けする…

そんな学校を見極めるのはプロでも難しいと思います。

いちばんカンタンなのはすでに偏差値が上がりつつある学校を

狙い撃つ作戦でしょうか。

偏差値的なお得感はかなり犠牲になります。

自分もたかが20年ほどしかこの業界を見ていないわけですが、

期待通りにならなかった学校のほうが圧倒的に多いようです。

それよりもしっかり実績を残している学校を追いかけて、

受験対策をしたほうが、6年後に結びつくと思います。

とにかく今回100校分析を終えて、

伸びた学校、伸びつつある学校が意外と少ないのに少々落胆しました

受験生は将来の可能性を買う。

学校はいま生徒(受験生)が欲しい。

中学受験…熾烈な駆け引きが展開されているように思います。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 10:25:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する