FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【2017入試動向分析】東京の共学校人気は単なるカン違い?
2017年の首都圏中学受験の志望者動向、

特に東京については、ここまでの展開で

すでにオチが見えている人もいるかと思いますが、

2月1日午前の受験者数を見る限り、

本当に共学志向?

といぶかるような数字になっていました。

そこで前回集計した、東京の共学校の受験者数を

若干更新して、再掲してみます。

東京共学校PART2-2017

こうなっています。

上位10校中、8校が増加。

それにしても圧倒的な増加といえます。

矛盾していますね。

そこに「トリック」があるようです。

東京・共学校受験者数上位10校の

入試の実施状況、回数と午前・午後別は

こうなります。

*は複数のタイプの入試を実施している日程があることを

表します。

東京共学校PART2-2017b

ここまでで、なるほど、そういうことでしょ、

と気づかないとしたら、そこが2017年のトレンドなんだと

思います。

何回かにわけて少しずつじっくり掘り下げていこうと

思います。

また2010-2016年の進路実績の7年間平均値で

公立中高一貫校も含め1都3県のTOP100

にランクインしている学校はこの中で何校あるでしょうか?

このなかに純粋な大学付属校が3校含まれていますが、

それを除いた7校中、TOP100ランクイン校は3校です。

広尾学園はあと一歩のポジションですから、4校といっても

いいかもしれません。

残りの3校は将来のトップ校を目指して、こういった入試を

実施しているわけです。

さて、こういった入試構成で過去にトップ校に

のし上がった学校はどれだけあるでしょうか。

そこはもうまったく未知の世界ということです。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2016-2017 | 08:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する