FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【東京2月1日入試】志望者動向・女子編
第一志望受験者の多いと

思われる学校、東京で2月1日(午前)に最初の入試を

行う学校の受験者数にスポットを当てて推移を見る、

きょうは女子編。

以下のようになりました。

2017東京2月1日入試女子15


左端は入試回数、★の列は首都圏模試センターの偏差値で

2014~2017年の4年間の受験者数の推移上位15校(入試)を

抽出してみました。

入試回数の少ない難関校が上位を占め、

受験生が集中するのは

男子同様女子校ですが、男子よりは人気集中の度合いは

緩いようです。

東京・神奈川のおもに女子受験の特徴として

2月1日が日曜に当たる年に、一部のキリスト教系の学校で

受験日の移動が起こります。(俗にいうサンデーショック)

最近では2015年がその年にあたりました。

(受験者数の欄)ピンクの網掛けの学校はこの年、2月2日に入試を

実施しており、一様に受験生は増加。

よって翌年は減少。

逆にこの年は周囲の学校もこの年は2月1日入試の

受験者数は増(黄色の網掛け)になっていますから

増減の矢印は、2014、2016の平均値に対して

プラスマイナス5%で

↑↓をつけています。

増加↑が3校、下降↓が6校、増減5%以内が6校でした。

これは男子とまったく同じで、

女子においては特に広尾学園の人気が目立ちます。

ただ、2015年を除いて推移を見た場合、

3年連続減少している学校が

女子学院、共立女子と2校あるようです。

2016、2017年の比較だけで見ると、女子校13校中、

増加5校、減少8校ですから、

男子よりも女子のほうに

共学志向が強く出ている印象です。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2016-2017 | 08:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する