FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【2017入試】東京・男子校・総受験者数上位
さて、きょうあたりから

2017入試の受験生動向について、

あせらずゆっくり分析していきたいと

思います。

各校から入試結果が発表されつつありますが、

これまでの人気校・不人気校の二極化→

学校タイプによる不規則な増減ともいえる多極化→

そのベースにある受験生心理の変化

を感じ取ることができるような気がしています。

中学受験の曲がり角といえば言い過ぎかもしれませんが、

なんとなく変化を感じています。

せっかく中学受験したのに…

という後悔につながらないことを祈りたいところです。

まあ細かい内容は追って詳しく掘り下げましょう。

まずきょうは、東京の男子校・総受験者数上位10校です。

2017受験者数東京男子校

これは果たして減少傾向でしょうか、

それとも昨年並でしょうか…。

東京都市大付属の減少はどうとらえるべきでしょうか。

入りやすさのわりに将来有望な学校へ受験生が

動いている…とも言いきれない気がします。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2016-2017 | 09:25:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する