FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

都立中辞退率のバラツキの示すものは?
都県別の私立校受験生の動向へと

話題をシフトする前に、

もう1本だけ、都立中絡みの話を。

都立中は合格発表の翌日に手続状況が

公表されました。

手続状況の公表ということは、

辞退者数の公表と同義です。

非常に極端な数字が公表されました。

男女別に過去3年の数字も併せて

推移で見てみます。

都立中辞退率14-17

傾向としては進路実績が上位と言える、

小石川、両国などはこれまでも辞退者数が

多めでした。

それにしてもことしの小石川・女子の辞退者数

26名はさすがに極端です。

80名の合格者のうち54名しか手続きをしなかった。

ということです。

都立高校の日比谷などでも、合格しても進学しない

数字は目立つのですが、それだけ小石川は

他の私立難関中と併願して両方合格し、

私立を選ぶ生徒がそこまで多いのでしょうか。

合格を勲章としたい、名誉としたいという意味は

理解できませんが、実際にそういう数字になっている

のだからしかたありません。

私立難関中を併願して合格できる層が都立中を

受けている比率が高いということなら、

女子の場合、小石川に続くのは両国ではなくて

桜修館のようです。

男子は小石川の次に多いのが両国で、

次が武蔵。

それはいいとしても、辞退者がゼロという

学校もあります。

ことしは富士が男女とも合格者全員が手続をとりました。

私立の併願率が低いのか、

何らかの圧力?がかかっているのか、

それはわかりません。

学校から見れば必要な数を繰り上げるようですから、

定員通り学年は進行します。

それにしても同じ都立中でもここまで差があるとは

かなりの違和感を感じます。

私立に逃げてしまう層が多いということは

学校にはプラスには働かないと思いますね。

応募者減とは別の側面から、

都立中人気の低下は現実のようです。

もちろんそれで広き門になるような

倍率ではありませんが、

ひとつ言えるのは

辞退率が10%を超える都立中は

ほぼ私立中学受験の併願コースに組み込まれており、

ほとんど辞退者が出ない学校は、

私立中への関心が薄い層が受検していると

いえそうですね。

「目指せ都立中高一貫!」とひとくちに

言っても、小石川と富士では

受検生の目指している方向がかなり

違うということなのでしょう。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

公立中高一貫校について | 11:25:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する