FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

例えば都立中と私立中の併願…
公立中高一貫校の適性検査問題と

私立難関中学の入試問題は

かなり質・内容が異なることはよく知られているところです。

私立中の入試問題には知識を問うものばかりでなく、

思考力を必要とするものも少なからずありますが、

基本的に教科ごとの出題であり、

公立中高一貫校の適性検査とはまず出題形式が

違うわけです。

にもかかわらず、これを偏差値という難易度のモノサシで

同列に測ることには無理があります。

そもそもその会場テストが適性検査型ではないからです。

たとえば第一志望が都立の中高一貫校とします。

ほかは受けません。

イッパツ勝負。

そういう受検生もいることでしょう。

当然不合格のリスクはあります。

というか不合格の受検生のほうが多い。

そこで私立中も併願するという発想が生まれます。

都立中受検生の側からのはっきりしたデータは

ありませんが3~5割の都立中志望生は

私立中も受けているようです。

はたしてどう受けているのでしょうか。

第一志望の都立から

合格をもらえなかった場合、

併願校である私立中への進学をどうとらえるのでしょうか。

中学受験(受検)を志したからには、

地元の公立中だけには進学しない、という決断もあるでしょう。

ただ往々にして都立中受検生は私立中学の情報に詳しくない

ように思います。

現実としては私立中の選択肢はあまりに多すぎます。

この場合、一般的な会場テストの偏差値で、

相応の私立を見つけようとするとどうなるでしょうか。

ただでさえ都立中の80%偏差値は上昇傾向です。

首都圏模試で小石川は男子68(80%偏差値)と

なっていますが、裏を読めば66でも3~4割が不合格に

なっているという意味です。

そのいっぽうでは60未満でも合格者は珍しくないと

言えます。

都立中の合格ゾーンは

それだけ幅広い分布になっているのが現実です。

さらに都内では多くの学校が公立中高一貫志望者を対象にした

適性検査型入試を実施しています。

これらの入試は2月3日の都立中本番への練習台として

2月1日、2日に実施され、相当数の受検生が

利用しています。こちらは合格へのハードルが比較的

低い入試になっているわけです。

つまり、都立中第一志望者の私立併願とひとくちに言っても、

受験をどう考えているかによって、

導かれる結果は大きく違ってくるということです。

結局、都立の応募者減少は難易度うんぬんというよりは、

都立中合格と私立上位校合格の二兎を追うことの

困難さが浸透してきた結果のような気がします。

二兎追うよりも、しっかり対策しさえすれば、

中堅以上の合格確率はかなり高い、のが現況だから

ではないでしょうか。


■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

公立中高一貫校について | 09:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する