FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

都立中応募者が減って偏差値上昇ってどういうこと?
きょうは前回に引き続き、

都立中高一貫のここ2年間での偏差値の変化を

見ています。

今回使用するのは首都圏模試センターの偏差値です。

四谷大塚とは母集団が違うため、偏差値も違うわけですが、

おおむね首都圏模試センターのほうが高く出ます。

これは四谷大塚の会場テストを受ける集団のレベルが

若干高いと考えてよいようです。

さて、ここ2年間での変化。

都立偏差値15-17首都模試

首都圏模試センターの場合はこの2年ですべての都立中で

80%偏差値が上昇しています。

5ポイント上昇している学校もあります。

この数値で判断すると、

応募者減で難化?どころか、

明確に難易度はアップしているように受け取れます。

まさにここが偏差値のマジックであると

いえそうです。

再度前回の四谷大塚の偏差値と比較してみると

都立中における両者の偏差値の差は平均3.7ですが、

南多摩・男子では首都圏模試センターが7ポイント

高く、武蔵・女子では四谷大塚のほうが逆に1ポイント

高くでています。

つまり学校によってバラバラ。

さて、どちらが正しいのでしょうか?

首都圏模試センターの偏差値表にはこうあります。

※公立中高一貫校の合否分布はかなり広いものと

予想されます。


今回紹介した偏差値は80%偏差値ですから、

確実に合格するラインを探っていくせいで、

ラインが上昇している可能性があります。

つまりは一般的な会場テストで

都立をはじめとして公立中高一貫校の

合格可能性を探るのにははっきり無理があるということです。

単なる目安でもいいから知りたい、

という気持ちはわからなくはないですが、

公立中高一貫の場合は、偏差値の推移では

実際の難易度の変化は読み取れない、ということです。

次回は私立中との併願について話題を進めます。

★明日の更新はお休みします

■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

公立中高一貫校について | 13:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する