FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

学校広告は大人の事情を加味して受け止める→PART5
学校広告の裏事情の話題もカテ的に徐々に統合されていきそうな雰囲気です。

まあ、細々と思い出したときに書きたいとは思うんですけど、不定期化かな。

簡単に言うと、

・募集が思わしくないから広告を出す(→施策が後手後手)

・挽回不能になってから広告を出す

・付き合いだから効果は重視せずに出広し続ける


・純広告に限界を感じていて、記事広告ならと考える(…記事広告の内容もどういう表現が好ましいのか方向性がない)

・ランキング記事に飛びつく(一点でいい数字になった事実を単純に広めようとする→継続的な視点の欠如)

・大手塾対策に比重をかけ過ぎる

・そもそも広告を打ってこなかった伝統校は意識改革がなされず、
広報予算を持たない。ひたすら過去のブランドで勝負する


厳しすぎる見かたですかねえ。

まあ、ここいらあたりを頭に入れた上で学校の広報施策を判断するのが

よいのではないでしょうか。

広報の先生の間の交流もある程度はあるんですが、辣腕広報マンが

ヘッドハンティングされたりするケースもあります。

でも、その広報専任スタッフが成果を挙げていたのは、その学校の組織の中で

力が発揮できるように活かされていたからなんです。

他の学校に移ったからって前任の学校のように広報成果を発揮できるとは

限りません。そういうケースをたくさん見ています。

「ああ、あの先生、いつの間に移ったんだ?」

でも、広報専任で成果を期待されて契約するスタッフの立場って、

校内でどうでしょう? 確かに成果主義の世の中ではあるんですが、

早く結果を出そうと上滑りしませんか?

自分の経験からは校長先生がフロントに立って学校を伸ばす、

そういうスタイルはもう古いのではないかと思います。

逆に管理職の側にいかに人材を活かす能力があるか、が私立学校でも重要になってきています。

「生徒を教えるためにこの職を選んだんだ。そんな会社員みたいな仕事するかっ!」

そういう考えの先生もいますから。

でも、生徒たち(ご家庭)の満足度を上げ、人間関係を円滑して職場を活性化していく意識は

よほどの個人事業主でもない限り、必要な世の中です。

そして子どもたちは、将来必ずそういった問題に直面し、巧みに振舞うことを

求められるのです。

「勉強だけ」を教えていると、学校としてそこが抜け落ちる気がします。

結局は「伸びる学校」「伸ばす学校」は偏差値と進路実績だけでなく、

その組織にいる「人」を観察することから始まります。

とりあえず。

とりあえず、学校の広告記事はいかに内部の「人」が見えているか。

校長、教頭だけのパフォーマンスではなく、在校生と一般教諭の動きを

伝えているか、がその場所の真実なのだと思います。

カテの順序は狂いますが、やっぱり明日は、あの学校の話をフォローしたい

と思ってます。







にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「もっと、もっと!」という方は応援よろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

学校広告、大人の事情 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する