FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

応募者減少が続く都立中高一貫校PART2
応募者減少が続く都立中高一貫校。

きょうはPART2です。

公立中高一貫校の動向も都県で事情が

違うのでひとくくりにできませんが、

さらにいえば、同じ都県内でも学校によって

違う場合が多いようです。

まず最初に2017年の都立中高一貫校の

男女別の倍率です。一般枠のみで集計しています。

都立一貫倍率170206

こうなっています。

ピンクは女子の応募が多い学校、

ブルーは男子の応募が多い学校。

三鷹はほぼ同数。

千代田区立九段は区内と区外で倍率に極端な

差があるので除外しています。

男女を通じてもっとも倍率が高いのが大泉・女子。

低いのが武蔵・女子。

武蔵・女子でも4倍ありますから、

中学受験にしてはかなりの高倍率でしょう。

まずは応募者の減少が続いても実際に

これだけの倍率になっているという現状。

次にその応募者数の推移。

大泉、白鴎、三鷹、南多摩、武蔵、両国の6校で

17年春は過去最低の応募者数。

それ以外でも桜修館も4年連続の減少です。

南多摩は過去最高だった初年度2010年の半分の応募者です。

でもこれを都立中高一貫校バブルが弾けたとか、

幻想を抱く時代は終わったとか、そういうコトバで

片づけたくはないんですね。

もちろん進路実績を含めて都立中高一貫校が何か大きく

期待を裏切ったための人気低下とは思えません。

3年連続で過去最低を更新している大泉は

男子6.0倍、女子7.5倍。

減少が続く桜修館も男子5.3倍、女子7.1倍あります。

もともと高倍率だったからまだまだ下がる…

とも言えるようです。

これは長らく公立一貫の受検状況を見ていて、

特定の学校を志望するというよりは「都立」という

ブランドに対して受検という行動を起こしているように感じます。

倍率の高い学校から低い学校へ応募者が移動?

多くが応募者数を減らす中で立川国際と富士は

逆に応募者が増えています。

このまま推移していけば都立中がどの程度の倍率に収まるのか

見当がつきませんが、たとえ4倍を切ったとしても、

たった一度の受検で確実に突破するには、リスクの高い倍率でしょう。

そもそも中学受験とは単願、イッパツ勝負でするものではないからです。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

公立中高一貫校について | 10:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する