FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2日以降の欠席率と入試終盤戦の高倍率…
先日独自ドメインのブログのほうで

「出願倍率」に言及しました。

各校第一志望者が集まる可能性の高い

初回入試の出願者数についての

増減を知ることに意味がないことはありませんが

募集定員通りの合格者が発表されるとは限らない

以上、倍率のほうは気にしてもしかたないという話でした。

よって、ことしは何倍ですという情報は

特段意味を持たないということを書きました。

これよりも公立高校の場合が、競争倍率は中学受験よりは

難易度にリンクします。

ただし、私立中学受験は偏差値による受験者層の

事前振り分けが公立高校入試よりもより厳密に

なっていますから、まず初回入試に関する限りは

とんでもない高倍率は発生しません。

いっぽう公立中高一貫校の受検はこれとは違い、

出願倍率=実質倍率で数字がずっと高く

事前の偏差値分布と合格層の相関が弱いため、

大逆転もある代わりに、行けると思ったのに残念、

というケースが増えるという性格を持っています。

さて、きょう触れたいのは欠席率です。

中学入試での欠席者は

もちろん体調不良やアクシデントという可能性も

ゼロではありませんが、その理由の大半は

進学校がすでに決まり受験の必要がなくなったせい

でしょう。

それに次ぐのは同じ日程でダブル出願をしていて、

それまでの経過によって、出願したものの

受験を選択しなかった学校を欠席する場合。

進学する学校は入試日程の進行にともなって決定して

いきますから、当然後半日程ほど欠席者は多い、という

ことになります。昨年実績で出願が400名以上の

学校だけを見てみても、欠席者が7割を超える学校すら

あります。

こういった学校は複数回、たとえば3回入試があったとして、

第一志望者は初回から受験していき、最初に合格して2・3回めを

受けないという傾向が強い学校です。

言い換えれば、その学校の初回日程では他校を受けていて、

その結果にしたがって当該校の2・3回めだけを受けるという

受け方があまり当てはまらない学校だと言えるでしょう。

去年の豊島岡女子学園を例にとってみます。

欠席率は2月2日の一次入試が9%、3日の二次が47%、4日の三次が40%でした。

実質倍率はそれぞれ2.5倍、8.9倍、10.3倍。

でもその難易度は首都圏模試のデータを見る限り、3回とも変わりません。

これは4日の豊島岡の受験生の中には豊島岡3回目の受験生も相当数含まれる

ことを考えると2月1日以前に最低1校合格を確保しておくことが

必要だということになるわけです。

学校側がデータを集計することはありませんが、受験生の平均偏差値は

一次>二次>三次という傾向が出ているはずです。

仮に1月入試で浦和明の星を確保していても、4日の豊島岡三次まで

もつれこむ可能性はあるわけです。

入試日程と偏差値表を見比べていると、

特定の後半日程に受験生が集中するケースが見られます。

男子で言えば2月4日の芝、2月5日の本郷。

女子で言うなら2月5日の洗足学園、頌栄女子学院など

があげられます。

第一志望校に縁がなかったとしても、

そこまで合格がなく

この4日・5日がラストチャンスになってしまうのは絶対に

避けたいところです。

昨年の倍率で言えば2月4日の芝=3.6倍、2月5日の本郷=7.5倍、

2月5日の洗足学園=8.9倍、頌栄女子学院=3.8倍。

この段階で初めて受ける学校であってはいけないと思います。

併願作戦は前半戦が大きな比重を持つ、とよく言いますが、

かつて入試体験アンケートを見ていて印象深かったのがそこです。

「2月4日・5日…最後の最後にようやく合格できて、

そこへ進学します」

これは合格できたからこそ書けるアンケートです。

最終的にそういう境遇になってしまったのなら、

もうあとは四の五の言わず励まして最後の力を振り絞るだけですが、

最後の最後に上から降りてくる受験生は

対策不足で持ち偏差値だけの実力が発揮できない可能性もあります。

最初からその2月4日・5日の学校を第一志望にすえて、

受けていればとっくに合格している受験生が終盤の高倍率入試に

苦しんでいる姿は見るに忍びません。

■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 12:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する