FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

生徒募集におけるきめ細かな配慮にも学校差
前回は出願受付日に早朝から並ぶ学校と、

出願をインターネットで受け付ける学校について

少し書きました。

難関大学を目指すだけでなく、

6年間の中高一貫教育で、大切にしている

価値観をしっかり浸透させる伝統校も

首都圏には多くありますが、

昔ながらのやり方を変えない、というのは

流行に左右されないという意味では

理解できるいっぽうで、社会の変化に

取り残されている学校もまた存在するのではないかと

思います。

高校募集も行っている学校は、生徒募集が

大きくわけて2回あるわけで、

新年が明けるとそれぞれの募集活動でなかなか多忙なこと

だと思います。

ただ高校募集がない学校の場合は、受験者数にもよりますが、

入学者選抜にかける労力は高校募集校とは

だいぶ差があるはずですが、そういった学校に限って

出願の締め切りが早いようです。

それでも入試が2回以上ある学校の場合は、

1回目の入試を除けば、複数回受験者を意識して、

出願締め切りを1回目の入試後まで延長しています。

つまりやろうと思えば対応できるわけで、

それをしないのは受験生の志望順位を意識している、

早めの決断をしている受験生を優先して取り込む

という意図もあるでしょう。

このあたりは駆け引きの要素もあるかもしれません。

入試日直前まで出願を受け付けている学校が

受験生に親切とも言い切れないことは確かです。

とある学校のサイトでは、

インターネット出願のためには事前登録を、

とありました。

確かこの学校が説明会参加の時点から、

サイトでの登録を推奨しており、その結果として

受験者の動向、たとえば実受験者の何割が

説明会等の募集イベントにどれだけ参加しているか、

志望の強さがどうなのかをトレースできるように

意図しているのだと思います。

また別の学校では受験生に任意ではあるでしょうが

併願校アンケートを実施し、

併願校ごとの合格率を集計しています。

ただやみくもに広告宣伝するのではなく、

全体の中学受験生の中で相対的にどんな層が自校を

志望しているかを気にかけている、ということでしょう。

募集要項を読み込んで、こういった各校の特徴を

横並びに分析していくことは困難ですが、

生徒の募集のしかたそのものにも

その学校の個性がにじみ出ていると思います。

こうした一見してわからない募集の努力は

きっと教育の内容にも反映してくるでしょう。

いずれにせよどの学校も受験生に対して、

自校の魅力をアピールして

志望順位を上げてもらいたいと思っている

はずです。

まずは目先の受験生増。

でもそれで質を落とさない工夫。

年によっては成功も失敗もあるでしょう。

そうした結果検証の積み重ねが

しっかりできている学校こそが

着実に伸びていくのでしょう。


■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 09:25:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する