FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

中学受験の出願今昔物語?
まあ世の中、価値観がいろいろあっていいとは思うので、

非常に個人的な感覚かもしれません。

昔々受験情報誌の編集部に配属されたころ、

とある大手塾の入試報告会を見学に行きました。

中学入試のいろいろな場面、入試当日だったり、

合格発表だったり、が映像で紹介されていて、

どの受験生も必死に勉強して、緊張しながら本番にのぞみ、

その結果、歓喜の場面が訪れる…

会場ではひとそしきり

そんなイメージ映像をたくさん上映していました。

感情に訴えかけるような映像でしたね。

難関校、有名校がひとしきり登場していました。

自分が素直じゃないのかもしれませんが(笑)

撮影クルーはいろいろな学校へ同時に取材に行くわけで、

この入試報告会のために、

渾身の仕事をしてくるもんだ、と感心した次第です。

さて、そのときの光景の中で今でも

印象に特に残っているのは、入試当日でも合格発表でもなく

出願の風景です。

願書受付の初日のまだ夜が明けないうちから、

若い受験番号を目指して行列に並ぶ保護者の姿。

「本人が頑張っているのに、親としてはこれぐらいしかできないので」

学校側は言います。

「合否に受験番号は関係ないですよ。早い時間から並ばなくても

ちゃんと受付しますので無理なさらないでください」

気持ちの問題、ではとても片づけられない「熱」を感じたのを

鮮明に記憶しています。

そしてそれを「報告会」で披露する…。

一部の人たちはこんなにも真剣なんですよ…。



何事も縁起をかつぐかどうかは個人差があって、

学業成就のお守りのひとつぐらいどの受験生でも

持っていることでしょう。

でも、出願日初日に並ぶのはかなりの意気込みです。

人によっては出願日が大安か仏滅かまで気にするとか。

そのいっぽうで、入試日直前まで願書を受け付けている

学校も多数あります。

当日受付という学校すらあるんですね。

そして、ここ1、2年で激増しているのが

インターネット出願。

先に紹介した出願のための早朝の行列とは対極ですね。

出願も年々「軽く」なっているのでしょうか?

それが時代なのかもしれません。

2月1日スタートの東京・神奈川入試。

インターネットを経由しない従来の出願の多くが

締め切られひと段落したところでしょうか。

保護者の思いとは別に

キタシロとしては時代の流れに無頓着な古風な学校、

「軽さ」にも迅速に対応する学校…

その差のほうが気になっていたりします。

■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 08:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する