FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スライド合格で受験生を囲い込む
午後入試と実質倍率の関係を見ていくうちに、

こんな傾向にも気がつきました。

いわゆるスライド合格の制度です。

たとえば特待生入試と銘打った入試でも、

特待生合格と一般合格と2種類の合格者を

発表するスタイルのことをいいます。

かつては特待生というのは大っぴらには

公表されないものでした。

しかし、より上位の生徒に受験してほしい、

と考えた学校が

「特待生選抜」をテーマとした入試を導入した

というわけです。

ほんとうに特待生だけを選抜するのが目的なら

倍率はとても高くなります。

受験しても合格しづらいという印象が強くなると、

結局受験生が集まらない、という本末転倒な

結果に終わるわけで、特待生のレベルには

達していなくても、一般合格レベルをクリアして

いる受験生に対しても発表を行う学校が

増えてきました。

上位志望校が不合格なら入学の可能性が

あるからです。

入試の実質倍率を測る場合、こういったケースは

難解になりますね。

受験生250名。特待合格15名。一般合格110名。

実質倍率は2.0倍???

その学校がスライド合格を実施しているのか

どうかを見分けるためには「合格最低点」を

チェックすればわかります。

合格最低点が複数のラインで構成されているという

ことはスライド合格を実施しているということに

なるからです。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 10:35:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する