FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
68位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

それでも午後入試採用校は増え続けるPART2
この流れ、最初の目的は、午後入試受験生が増えているという統計を紹介しよう

ということでした。しかしながら、そこから見えてきた傾向は、

午後入試実施校は増えていて、各校の入試1回あたりの受験者数は

減少傾向であるということです。

そして着目したのはその際の実質倍率です。

2倍以上で明らかな競争が発生している学校がある反面、

1倍台前半でほとんど競争が発生していない学校もあります。

とりあえず合格にしておいて、残って入学してくれるのを待つ、

ということです。

学校から見て午後入試を採用したら最後、

なかなか降りられないのはわかります。

受験生の数より、質を高めたい、と入試回数を減らして、

第一志望率を高めようとする学校はあまり見かけません。

入試回数を増やしても、総受験者数は変化がない学校のほうが

多いわけですから。

理屈から言えば、一時的に午後入試を採用して、

受験者を確保し、一定の期間で実績を残して学校の人気を高め、

そののちに午前入試主体へ戻す、という発想は

あると思うのですが、なかなかこれは成功しません。

それよりは意地でも午後入試には流れない、という学校のほうが

踏みとどまって状況をよく見ているとさえ思います。

今回は短めにしておいて、次回は、

午後入試の採用で実績が伸びている学校、

現状維持をはかっている学校、ジリ貧の傾向がみられる学校…

そんな観点で掘り下げてみたいと思います。

2016年…1年間ありがとうございました。

新年の更新は1月2日から、まずは進路実績7年間推移で

未紹介の学校の続きから予定しています。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 08:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する