FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

実質倍率、からわかること
首都圏中学受験の全体動向の俯瞰は

あまり深堀りし過ぎると労多くて報われないという

結果になってしまうと思っています。

ただし数字を見ていて疑問に思うことが

やはり重要なのではないかと思うのです。

各校の進路実績7年間推移のグラフの上昇・下降のウラに

基礎となる受験者数の増減が影を落としている

ことは折に触れて説明している通りです。

伝統校でも受験者数が減少すれば、一定の競争が

起こらなくなり、進路実績の停滞に結びつくということです。

入試の改革によって一時的に受験者数の増減は

発生するにしても、それを進路実績という結果として

残せなかった場合は、数年後の不振が待ち受けているようです。

というわけで学校ごとの受験者数の増減という入試結果分析は

かなり有効だと思うのですが、意外と目にとめないのが

「倍率」です。

もちろん出願者数÷合格者という出願倍率ではなく

受験者数÷合格者数という実質倍率です。

以前偏差値表に載っていない学校としてリストアップした

学校のほとんどがこの実質倍率が1倍に近い学校でした。

ほとんど競争が起こっていないために偏差値が成立しない学校

といっていいわけです。

受験者数が募集定員と同じか下回る数では

偏差値は意味をなしません。

そこまでいかなくても、実質倍率2倍の入試と

4倍の入試では内容(受験者の得点分布)が違いますし、

入試本番でのひとつのミスが命取りになる可能性は

違うということになります。

中学受験の難易度は多くの場合、偏差値で

判断し、倍率にはあまり注目しない気がしますが、

倍率には、何人合格者を出せば、

何人ぐらい入学しそうか、という歩留まりの読みが

隠されています。

場合によっては1次入試で合格者数を見誤り、

入学手続き者が想定より多く出てしまったために、

2次入試以降のボーダーが上昇する、というケースも

なくはないようですが、

学校によってはボーダーラインや人数を

固定していたり場合もあるようです。

受験生にとっては志望順位の問題もありますから、

確実に合格をとっておくだけなのか、

できれば入学したいのかは個々で

判断は違うとは思います。

もちろん合否決定に関する

実際の得点分布は第三者には

見えるはずがありませんが、この実質倍率と

偏差値を掛け合わせると

その学校の入試の真の人気ぶりが

少しだけ透けて見えるように思います。

中学受験に限りませんが、ひとつの「おや?」

から、横断的に少し突っ込んでみると

共通の傾向があぶりだされてくるのだと思います。





■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2015-2016 | 08:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する