FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

大学付属校の根強い人気、は本当?
細かな直前の志望動向は実際の受験者数の増減に

さほど影響しないとしても、

「例年とほとんど変化はありません」とは

言えないのも業界の事情でしょう。

進学塾の広告でも

難関中に多数合格!

という数字は目を引きます。

ただ受け取る側が

その数字を正確に評価できるか

どうかは別問題なのだと思います。

そんな中で

難関中は相変わらず激戦

という抽象的なフレーズ同様

毎年気になるのが、

大学付属校も根強い人気

という言い方があります。

「難関中」もあいまいなくくりですが、

「大学付属校」も実はあいまいなイメージ

なのではないかと思います。

系列大学への推薦進学者が少数派の場合も

含めると、実に多くの中高が系列の法人に

大学を持っていたりします。

でも駒場東邦や渋谷幕張を誰も付属校だとは

はずです。

系列大学への推薦進学者が多く、その大学も

MARCH以上の難関大の付属校となると

数も受験者数も限られてくるわけです。

東京で言うなら慶應、早稲田、青学、中央、

法政、明治、立教の付属中の受験者数を

すべて合計しても全体の1割に満たないのです。

2016年春は8.4%→慶応中等部、早稲田実業、早稲田大学高等学院、

青山学院、中央大学附属、法政大学、明大中野、明大中野八王子、

明大明治、立教池袋、立教女学院の11校の合計受験者数

4年前、2012年春の東京全体の中学受験者数と比較して

2016年春が97.4%であるのに対し、前記11校の受験者数は

86.4%なんですね。

早慶は堅調と言えるにしても、意外なほど付属校人気全体は

低調です。

ただ最近でも横浜英和女学院が青山学院大の系列校になったり、

法政第二が共学化したりして、広い意味での増加要因があるため、

付属校の人気は衰えない、と言われがちなのだと思われます。

ほんとうに根強いのは

大学付属なら大学受験に苦労しない、というイメージだけ

であって、中学受験で大学付属を志望するのは

意味が違うのではないかと思うのです。

少子化の進行とともに大学も生き残りがかかっています。

付属校を受験するメリットが中学受験の段階から浸透するのは

歓迎すべき事態ではないかと思います。

情報が錯綜するなかで、1校1校の個性を深く知ることと

全体の動向を俯瞰することは、難しいことでは

ありますが、並行した作業なのではないかと思うのです。




■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学受験の「将来像」 | 09:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する