FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進学塾と学校の「大切な」関係…
ブログの話題をわざわざややこしい方向へ

自ら導いている気がしてなりませんが…(笑)

中学受験・高校受験が廃れてしまっては、

進学塾は商売あがったりです。

これは考えればわかります。

よって、学校を応援するというか、

いっしょにその価値を高めていこう、という姿勢は

常にあります。

ただし、どの学校も均等に応援するのかというと、

大人の世界ですからそうも言えません。

学校とて、学年の30%が特定の大手塾から毎年入学

してくるとしたなら、

「うちの塾のためにスペシャルな学校説明会を

1回だけでいいのでお願いできませんか?」

と言われたら「特定塾をひいきすることはできません!」

と言えるでしょうか?

特定塾をひいきすることはできません!と

言いたくなければシェアの高い有力塾をまんべんなく

ケアすればよいだけ、とも言えます。

大手塾と人気校はある程度、つかず離れずの関係に

あるわけです。

あくまでもある程度。どの程度かは想像するしか

ありません。

こんな場面がありました。

たくさんの関係者が出席した中学受験のセミナーで

司会者が「○○学園は受験者がかなり増加傾向です。

大手A塾にもだいぶ食い込んでいるという話を聞いています」

とうかつにもそんなトークをしたところ、

A塾関係者は「いやいや事実無根なことを言わないでください」と

強烈に否定しました。

自分はその場にいて、いくらA塾に営業?をかけたからって、

天下のA塾が「○○学園は併願校に最適です」と簡単に乗っかるとも

思えないですし、どの学校だってA塾と緊密な関係になりたいと

考えているはずですから、

「いったいどんな手をつかったんだ?」というだけの話でしょう。

あの学校の受験者数が増えたのは、

あの塾が大量に受験生を送り込んだせいだ、などと

業界内ではまことしやかにささやかれることもないわけでは

ありませんが、まったく将来の見込みのない学校に

受験生たちが受験はしても?「入学」するとは思えません。

そうは言っても、大手塾の中にはグループ内に

コンサルタント部門を持っているケースもあり、

学校がそのお客さんなら、塾としては「責任を取る」ことが

あっても不思議ではありませんね。

まあまあ、このように塾と学校の関係で

本当か嘘かわからない話はいろいろありますが、

その「きっかけ」はお金で買えても、「実績」は

その学校の努力だと思うのです。

問題はその「実績」の前に、

「いまならお買い得!」に飛びついてしまう

消費者心理でしょう。

だいたいはその6年後、お買い得が証明される

ケースは5割あるかないか、です。

のるかそるか、ギャンブル、ですね。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 07:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する