FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「ほどよいバランス」は実に難しい…
やっぱり思い過ごしだったみたいです。

思い過ごしでホッとして、

思い過ごしでガッカリでした。

思い過ごしはひとつではなく

いくつもあったわけなので…。

中学受験に賭ける思いが人それぞれなのは

わかります。

保護者ブログに書く内容も

もちろんそれぞれです。

それを書く人、それを読む人…

どう考えてもどちらも中学受験とは

無関係な人のわけがないと思うわけです。

わが子の受験が近づいて、ブログの更新をやめるという

ブロガーさんがいました。

もちろんその人なりの理由があります。

かねてから思っていたのは受験生である

わが子が親のブログを読んだら、

気まずいことはないのだろうか、

ということです。

そこを乗り越えて客観的に書くというのは

かなり難しいことじゃないかと思います。

ブログを書くことが保護者自身の生活のリズムであり、

張り合いであるとも言えますが、

日々の出来事を踏まえて、中学受験という道筋、

テーマにのっとって書き続けるのはけっこう大変な

作業だと思います。

こうして受験生の保護者ブログは

生まれては消えていくのでしょう。

読み手の側から思えば

やはり他人の不幸を糧にしている部分が読み手にも

あるのではないかということです。

また、きれいに言うなら「いっしょに頑張っている」連帯感も

その裏側には存在するのでしょう。

もしかしたらそこまで深い考えはないのかもしれません。

人は何のために頑張るか。

それが見えなくなったときに左右を見渡すということかも

しれませんが、

いっぽうで左右を見ているだけの人もまた多いような気がします。



やっぱりうまく表現できませんね。

ある塾関係者がこう言っていました。

「同じ塾に通う仲間はライバルじゃない。夢に向かっている

互いに磨き合う存在」

キタシロも自戒の意味を込めて、

「受けそうな記事」に走らず、書くべき記事を

自分で冷静に見極めていきたいと思います。

そうそう、塾と学校の関係をもう少しじっくり…

ひもといていかないといけませんね。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 10:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する