FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

偏差値表に校名がないヒミツの学校?
受験校決定の最終局面。

あらかじめピックアップしている学校の中から

入試日程と難易度を組み合わせて決断することになります。

もうその時点で保護者の準備が問われますね。

会場テストの合格可能性が思わしくなくて、

候補校のピックアップしなおす…。

後手後手に回ると大変です。

その思わしくなかった会場テスト。

四谷大塚? 首都圏模試? 日能研? サピックス?

もし偏差値表とにらめっこをしつつ、ピックアップしなおしを

するとするなら、どの模試の偏差値表なのかで

もう明暗は分かれますね。

あるブロガーさんが言ってました。

「四谷大塚の偏差値表に載っていない学校があるんですね」

呑気なものです。

中学受験、どの学校でもいいから入りたいと思えば、

ほぼ100%入学可能です。

さすがにその学校では…と選ぶから苦労するというわけです。

受験者数が募集定員を割り込んでいる学校なら、

大歓迎してくれます。

ところで、四谷大塚の偏差値表に載ってない学校って

どれくらいあるんだろう???

ちょっと数えてみました。

東京だけですが。

60校ぐらいありますよ。

東京の中学募集校のほぼ3分の1です。

昔は受験案内制作時に手作業で偏差値表を

写しとっていたものですが、

その当時と比較して、なんだか掲載校数が減って

いますね。

学校にしてみれば、表の中に校名がないって

ショックでしょうね。

校名が偏差値表に載る、載らない。

この現象がなぜ起こるのでしょうか?

業界人にとってはあまりに当然の理由ですが、

まあ常識があれば、わかりますよね?

知りたいと思う人は応援クリックで意思表明を。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 09:25:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する