FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「受験生が集まらない」は学校にとって死活問題ですが…。
去年のシーズン、ブログでは取り上げませんでした。

各校の入試変更点。

入試の変更にもさまざまありますが、

受験生として気になるのは午後入試の導入も含む

日程の変更でしょう。

入試の制度も改善点に気づいたのなら、修正すべきでしょうが、

結局は進路実績が伸びている、将来有望…と受験生側が見なした

学校には集まります。

内的な改善と外見の改善は両輪ではないかと思います。

特にミッション系の学校、女子校にそれは多いですが、

キリスト教精神に基づいて、ガリ勉の進学校ではなく、

人間としての精神性を重要視して教育を進める、

そんな理念が学校サイトやパンフレットには書かれてあります。

でも同じミッション系でも進路実績には大きな差があります。

私学としての建学の精神…確かにそれは大切ですが、

変わりゆく時代にどう対応していくかを教えるのも学校の役割です。

世の中の変化は急激であり、実は日々の暮らしの中で気づかずに

過ごしていることも多いと思います。

ガリ勉の進学校ではないから、難関大学合格者数には頓着しない。

それがもしホンネであれば、考え方が古いとしか言いようがありません。

キタシロの個人的な考えでは、教育内容は結果として卒業生の進路に

表れると思います。

MARCH実績がもし私立中高一貫校の平均値で5%上昇しているなら、

現状維持では差が開いているということです。

実際には二極化が進んでいて、平均値で語ることの意味はさほど

ないのかもしれませんが。

もちろん受験勉強を頑張る以外にも子どもたちには伸ばすべき才能が

あります。難関大学合格がすべてではありません。

でも他人とのコミュニケーションを大切にし、前向きに学ぶことが

できていれば、やはりそれは進路として結果に表れると考えます。

7、8年前でしたか、ある一貫校が某有名大学と提携関係を強める、

と公表しました。そこで早速「推薦枠が拡大されるのですか」と

尋ねたところ、狙いはそこではなく「教員スタッフの供給先として期待している」

というものでした。

その後別の学校がその有名大学の系属校となり校名を変更。

受験者数を一時的にかもしれませんが急増させたことは記憶に新しいところです。

個人的見解ではその大学への推薦枠が確保されて人気が上昇した

だけにすぎないと思いますが、人気になり偏差値が上がることで

一段上の受験生が入学し、事態は好転するのかもしれません。

入試の変更。

午後入試の導入を含む、入試日程の新設は当然ながら、

受験生を増やす、受験しやすくする意図でしょう。

どんなに人気の学校でも確かにこれで十分ということは

ないのかもしれません。

でも変更が頻繁な学校ほど募集に苦労していることも言えます。

ここ十数年の中学入試の流れの中で入試回数を減らした学校は

ほとんど記憶にありません。

その数少ない学校のひとつは鴎友学園女子。

3回入試を2回にしたことで16年春は総受験者数の4割を失いました。

でも担当の先生は、

「永年の間、第一志望の生徒を増やそうと努力してきた」

と言います。

極端に言うならば、第一志望の最上位校に縁がなかったけれど、

鴎友の3回目の入試で滑り込んでおこうか、という気持ちで

受けてほしくないということでしょう。

なかなかそういった決断はできないと思います。

これまで入試変更点にくわしく突っ込もうと思わなかったのは、

入試回数を増やし、午後入試も増やし、新たな入試名称を考案する

ことが受験者増につながっているとは言い難いからです。

まあ業界内で誰もがそういった学校の変更点の履歴を

掘り下げようとはしないでしょう。

必死に生き残ろうとしている足を引っ張っても

意味がないからです。

でも、やっぱり入試制度ではなく教育の中身で

勝負してほしいとキタシロは思います。

ただそれができないから、外見で勝負する、

という選択をしているのかもしれませんが。

あとは受験生側が賢くその価値を見抜くしかありません。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 07:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する