FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「小規模校」苦戦傾向…明暗のラインとは?
ブログ記事を書きながら、改めて気づかされることも

多いというのが正直なところです。

受験情報誌を編集していた時代に気づかなかったことも

あります。

1都3県で300校を超える中学受験を対象とする学校群があり、

その分布は時の流れとともに移ろっていく、というわけです。

おおまかに受験生が集中する学校と、その逆の学校というように

二極化するという傾向は明確です。

2000名、3000名という規模の受験生が集まること自体、

中学受験に大きな偏りが存在しているということです。

それでも小規模な学校はその伝統と個性で時代を生き抜いて

きたのだと思います。

私立中学は個性的な学校の集団ですから、さまざまな価値観に

アジャストして長い歴史を生きてきたはずです。

規模が小さくて面倒見のいい学校とは、

定員割れした募集困難校を指すのではありません。

月曜日の記事がちょっと意外な反応だったので、具体的に

「小規模校」を考えてみました。

なかなか一定の法則を発見するのは難しいのですが、

こんなことが言えそうです。

小規模のボーダーラインは、

学年規模4クラス(または5クラス)で

中学3学年の生徒数が500~600名のあたり。

このゾーン、実際には伸びている学校と

停滞している学校が混在しています。

ただ進路実績の伸びをMARCH合格者まで、としてみると、

高校募集のある学校は高入生で補完できるので、

中学の規模はあまり問題になりません。

問題になるのは高校募集のない完全中高一貫校。

高校募集がなく学年規模が4クラス以下の学校の場合、

中学の学年規模のまま高3まで進みますから、外部からの刺激がありません。

これまで難関大学合格に対しては一貫生>高入生と

理解していましたから、少しこれは意外な結果です。

とはいえ実績停滞は必ずしも系列小進学者だけが要因

というわけではなく、

生徒の集団内の活性化の問題なのではないかと思われます。

ここで暫定的な集計になるのですが、

公立中高一貫校を加えた1都3県の大学合格実績上位100校。

すなわち私立TOP75の

「2007-2013」7年間平均値 vs 「2010-2016」7年間平均値を比較した

実績伸び率を見てみます。

75校全体の平均値はプラス14%弱なのですが、

高校募集がない完全中高一貫でも中学規模600人以上、

5クラス以上の学校の伸び率の平均値が20%近いのに比べ、

系列小のあるなしにかかわらず中学規模600名未満の

「小規模校」の実績伸び率の平均は12~13%に留まります。

あくまでも平均なので表現しづらいところですが

例外は湘南白百合学園、東洋英和女子学院のみで、

明確に上昇機運にあるのは中学規模600人以上の学校ばかりでした。

というわけで小規模校とは具体的にどの程度の規模を指すのか

という意味でこんな記事にしてみました。

ちなみに中学規模が400名を下回る学校は実績上位校に

存在しません。(※高校募集のない学校に限定した場合です)



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2010-2016 | 07:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する