FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進路実績で苦戦する小規模校…
難関大学合格実績上位校の進路実績推移はまず最初に

受験者が1000人を超える学校を優先して分析してきました。

ひと通り消化したのち、難関大合格実績は優秀であるにも

かかわらず、受験者数の少ない学校の分析に取り掛かっています。

東京の学校をある程度紹介したあとに、

途中で神奈川にも取り掛かりたいと思っています。

小規模でも実績優秀な学校はあります。

ただ中学受験においては小規模で募集人員が少ないと、

ただそれだけで受験生が集まらないようです。

小規模な学校はアットホームで面倒見がいいとは言いますが、

結局は敬遠されているようです。

一連の推移分析記事に登場する学校は

すべて難関大学合格実績上位校ですから

当然入試の偏差値はそれなりに高いのですが、

だからといって注目されて受験生が集まるわけではないようです。

当ブログでは難関大合格者数を当該年度の卒業生数で割った指数で

推移を分析していますが、規模が小さい学校は

通常のランキング記事に掲載されても

実人数のインパクトに欠けると見なされてしまうのかも

しれません。

一般的に系列小からの進学者が多い学校に中学募集が

小規模な学校が多く、学年によって進路実績にムラがあり、

上昇傾向の学校が少ないと言えなくもありません。

そして中学入試の時点で敬遠された結果、

ますます実績の伸びが鈍る悪循環とも考えられます。

また進路指導の面から言えば、「結果を出す」ことを

そこまで強く意識しているわけではない…。

もちろん個々の学校によって実情の差はあるとは思いますが、

こうして推移を分析していても、そもそもの受験生減少が

実績推移に大きな影を落としている学校も

多いような気がしています。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 06:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する