FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「合格力」と「学校選択力」どっちも重要→PART1
元も子もない話?でもそこにこそ「答え」が…

ブログを始めて1か月半、テンポよくバランスを取りながら、書き進めてきたつもりです。

ちょっとここで小休憩。

fcブログを選んでブログを始めて、日々「どれだけ読まれているかなあ」は気になっています。」

つまり、ランキングは気になっています。

もっと読まれているブログって何を書いているんだろう。

自分の書いている内容は必要とされているのだろうか。

まあまあ、それはいいです。すぐには答えは出ません。

でも、周囲のブログ記事を見ていて「あ、それ!」ということもあるんですよね。

以前、他ジャンルでブログを書いていて、自分のブログの検索ワードに

「それかよ!」と突っ込んでいくカテを作ったことがありましたね。

題して「検索ちゃんにリアクション」

あまりに繰り返しなので、よほどネタのないときしか、そのテーマでは書かない

のですが。

おっと、脱線。

このブログ「中学受験ディープインサイド」が選んでいる「中高一貫校受験」という

ジャンルですが、「公立中高一貫校」をテーマにしたブログが多いようです。

つまりは「私立中高一貫校受験」とおいうテーマ選定が相対的に薄い。

もちろん中学受験(親・本人)という最大勢力がありますから、

ほとんどそっちなんでしょう。「業界周辺の保護者(本人)以外」が

どこに納まるか、あくまでそういうブロガーは想定されていない気もしますね。

そう考えると、本ブログ、ユニークな立ち位置かもしれませんけど(笑)

そもそも「中学受験」を保護者の側から考えた場合に、

事実上、中学受験>中高一貫校入学となっていることが最大の不幸のもと、

だと思っていました。高校募集のない学校=偏差値の高い難関校を

偶然志望して、(努力の)結果として難関大学に合格する生徒たちは多くいます。

かなりスムーズな部類です。

でも、さほど偏差値が高くない学校=高校募集主体の学校に入学してしまい、

「おや?」と思っているご家庭も多いようです。

簡単に言えば、「学校選び」をもっと掘り下げよう、が

(自分としては)最大のテーマなんですね。


あれ?書いていたら意外と長くなりそうなので、小分けにして、

データ系のお話と交互に進めることにします。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「もっと、もっと!」という方は応援よろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する