FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第一志望校…考える時間はたっぷりあったはずなのに保護者の油断?
きょうの記事は今の時期の小6生の保護者にはあまり

読んでほしくありません。

どちらかというと小5以下の受験生の保護者に読んでほしいと

思っています。

実際の併願作戦についての心構えは

独自ドメインブログで展開していますので、

そちらをじっくりお読みいただければ、と。

★独自ドメインブログ中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

さて、

長い間、第一志望校と決めて頑張ってきたのに、

なかなか偏差値が伸びてこなくて、やっぱり合格は無理そう。

このままでは受験校を変えなきゃいけない?

そんな不安・悩み、実は多くの受験生・保護者が経験します。

中学受験に臨む、手順が少し狂っただけで、ボタンのかけ違いが

最後まで続くのです。

キタシロが思うには、最初の「なぜ中学受験をするか」に

正面から向かわないまま進んできた結果じゃないかと。

ただし、「なぜ中学受験をするか」は単独で

「○○だから」と簡単に答えが見つかる問いでもないと思うのです。

継続的に考えることで、わが子の将来像が少しずつはっきりしてくる。

でも、明確に決まることもありえません。

モチベーションを高めるには明確な目標を定めること。

よく中学受験をスタートするにあたって、塾側は

「じゃあ第一志望校を決めて、その学校への合格を目標にしましょう」

とアドバイスしてくれます。

ここで

「せっかくだから最難関校を第一志望に!」と考える保護者がいるわけです。

せっかくだから?

ポイントはここです。

最難関校を第一志望にする前に、そこまでの困難な道のりを測って、

あえてそこを行く…そのチャレンジ精神は尊いと思いますが、

せっかくだから、東大へたくさん合格者を出しているあの有名校を

第一志望に据えよう…こう安直に考える場合が意外に多いように思います。

第一志望を決めるのはいつか。

データによれば当然ながら、最初に第一志望が決まり、第二、第三と徐々に

決まっていくのが普通です。第二志望、第三志望は

小6の夏以降に決まるケースも珍しくありません。

しかしながら、志望校は意外にこれもくるくる変わり、小6秋の志望校は

最終受験校とは違っていたりします。

こうなってくると心理的に「第一志望だけは貫きたい」という心理が

はたらきます。

つまり最初に第一志望を決めるのにどれだけ熟慮したかと、

第一志望への最終的なこだわりはさほど相関しないということが言えます。

そして、直前の会場テストの偏差値を目の当たりにして

「第一志望だけは貫きたい」の気持ちが揺らぎつづけるということです。

簡単に言えば、中高一貫校でこんな教育を受けさせたい、というより先に、

進路実績な優秀な○○中高に受かりたいという気持ちが隙を生む、

ということがいえるわけです。

さらには「高校受験を回避する」「大学受験を回避する」だけが目的の

中学受験であるなら、会場テストの偏差値で怖気づいた場合、

当初の回避目的が達成できればよし、になってしまいます。

さらに言うなら、ここで中学受験断念で公立中進学では

ここまで塾にかけてきた教育費が無駄になる、という無念さも

頭をもたげてきます。

そうなるとまあ見事なボタンの掛け違え。

いったい誰のための中学受験?という結果に終わります。

保護者の自己満足のための中学受験…なら最悪ですよね。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

問題は保護者の「覚悟」 | 08:10:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する