FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

人気の東京私立一貫校、上位へ集中の実態についての検証
永年の経験則でモノを言うことを否定するつもりもないし、

実際に自分自身も経験・体験の中から記事の題材を選ぶことが

多いのも確か。

一昨日の記事で、人気校=受験者数の多い学校はほぼ進路実績が

優秀だが。すべてがすべてそうではない、と書きました。

やはりこういうのは、数字の並びのぱっと見の感覚だけで

言うべきではないだろうと思い直し、

東京の受験者数上位50校の2016年受験者数を実際に並べて

確認してみたわけです。

キタシロとしては難関校、超難関校、中堅校など、

具体的なイメージをもって記事に書いているわけですが、

その具体的なイメージは読み手にはなかなか伝わりません。」

ある人にとってはその学校は難関校でも、ある人にとっては

中堅校という場合もあるわけで。

某ブログで公立中高一貫校の頑張りで、

中堅上位校が割を食っているという記事がありました。

中堅上位校?

具体的には?

当ブログの合格指数評価によれば、

1都3県、300校余りの私立中高を4等分した上位4分の1と

その次の4分の1の間に25校程度の国公立中の実績が均等に

ではないけれど食い込んでいる図式。

まさに先日再掲した図解です。

簡単に言えば私立中高の4分の3は公立一貫校の実績には

届いていなくて苦戦している。

例えば都立中が開校した影響を受けてこれらの学校群が

実績下降線をたどっているかは何とも言えませんが、

こうなると上位進学校、中堅上位校、中堅下位校、

底辺校と4分割したうえで、いちばん上を除いた4分の3は

進学する価値を感じないという極論にもつながりそうです。

これはちょっと違うと思うのです。

ざっくり言い過ぎだと思います。

まあ入試の受験者数などというものは年度ごとに上下しますから、

細かくこだわるのも意味がありませんが、

「受験者は少ないけれど伝統ある学校で、小規模で質が高い」

いっぽうで

「とにかく急進的で受験生は集めているが、将来は未知数」

そんな学校もあるんですね。

未知数だから、先々大きく化ける可能性もあります。

実際に期待通り大きく化けてきた学校もあるわけです。

ただ十年間「未知の魅力」で受験生を集めている学校も

あるんですね。

ということで、きょうは東京で受験者数上位50校の

基本的なキャラ分布をそれこそざっくりですが

集計してみたので紹介しましょう。

一歩踏み込んだ解説は明後日を予定しています。

東京上位50校以降の分析も間に合うようなら

してみたいと思っています。

東京上位50-2016

志向比率161019-1




独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2015-2016 | 09:40:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する