FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

塾選びがあまりに大変すぎるってコトは?→PART4
塾の裏事情。どこまで話せるか、迷う部分が多々あります。

以前「拠点塾」という用語を使いましたが、ブログのランキングに

(本ブログよりずっと上位)に当該の塾長さんがブログを書いていて

「お!」と思いました。

モチベーションを感じるなあ。

でも、自分の知っている人と違う人かもしれませんが。

ということで、拠点塾も個人塾的な要素が強いのですが、

完全な個人塾とはやっぱり一線を画しています。

カリスマ塾長の手足となるスタッフ、後継者が近くにいることが多い気がします。

後期高齢者になっても個人塾を続けるにはけっこう無理があると思います。

年齢じゃないにしろ、老害な塾もいくつか見かけました。

塾を名乗りつつ、ロビー活動に勤しんでいる塾もありました。

生徒を教える情熱より、学校を渡り歩いて(社会的に?)役に立とうという情熱……。

ある塾は広告代理店機能を併せ持って、受験案内本まで作っていました。

情報誌編集部当時は「え?ライバル?」と思ったんですが、

その会社から「無料の広告」を永年お願いされていましたね。

お金を取らないで、広告原稿だけ送ってください、と。

普通「媒体」には企画書があって、どういう配布になっていてどういう効果があるかという

説明書きがあるものなのですが、一切なし。

(ただ見本誌はちゃんと送られてきます)

で、その見本誌は中学受験・高校受験混在。

うーん、無料だから、ことしも付き合うか、と組版データを送っていましたが、

なんと最後まで「アナログでもOK」という依頼でした。

このご時世に「手書き原稿対応」???

担当の女性にもそこの親分にもついに一度もお会いできぬまま。

そういう不思議、な「塾」もありました。

(タダ同然の広告料だから付き合っている学校も多かったのでしょうか?)

(でも媒体が成立しているということはそれなりの広告収入があるということです?)

かと思えば、他塾の合格者数が「おかしい」と突っ込んでくる塾。

まあ、よくライバル塾の動向、勢いをチェックしていましたね。

こちらがアンケート通りです、と答えると

「これこれこういう理由で、そんなはずはないのだ」ときっちり主張。

プロフェッショナルでした。

かと思えば、同じ神奈川地区の塾で

「何かそちらのウェブサイトとコラボしましょう」と

言ってきたきり、メールの返信がない塾も。

こちらの定期アンケートに答えた履歴がないのに

つるみましょう、と言われても反応ができません。

たぶん上司から声をかけてみろ、と言われただけかも。

塾生1000人前後の中規模塾(高校受験生含む)となっても、それなりに

個性的な塾が多いようでした。

でもなかなか情報誌と利害が一致するところまではいきませんでした。

ある大手塾は、こちらの誤植で大変なご迷惑をおかけしたことが

あったのですが、複数あったミスのうちのひとつは

返信されたアンケートの不備でした。

でも、担当の方は

「うちがそんな数字のわけはないだろう。常識でわかる」と

おっしゃいましたね。

他のミスがこちらに明らかな過失があったのでひたすら謝罪しましたけど。

そうしたら、翌年、

「他塾の最新の合格実績データ速報を送ってくれ」

と言われました。

普通一般に公表前のデータを第三者に先に公開することはないと思うのですが。

その時点でどの塾にもアンケート依頼していないのは、担当者ご本人が

わかっているはずなのに、広告クライアントでもあったその塾は

「なんとかならないのか」

学校の先生にもいろいろな理解しがたい方がいらっしゃいますが、

塾業界も自分が経験したかぎりでは、けっこう独特のようです。

他業界からの参入も多いですしね。

どんな会社でも、学校でも、

組織の体質を語る場合、当然ながらその成り立ち、経営方針が

大きく影を落とします。

きわどい話はたくさんあるので、見きわめながら塾事情は

少し続けたいと思います。







にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「もっと、もっと!」という方は応援よろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

塾には塾の事情があって… | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する