FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「親塾」の話…実は終わりそうで終わらない?
親塾に関する異常なリアクション、

そう思えました。

時間をおいてみて、あまり正面から受け止めないほうがよいかな?

と思っています。

親が受験勉強を教える行為を真っ向から否定する気はありません。

あ、緩い書き方をしてしまいました。

「受験勉強」は広範囲ですね。

教科の問題の「解き方」と「解説」はプロにまかせたほうがいいと

言っているだけです。

ただわが子の得点源と弱点を知っているにこしたことないですし、

失敗パターンを理解して、本人に自覚をうながす親塾はありだと

思うんです。ただ、親の場合、自分が解けて、わが子が解けないと

なぜそれができないの?前回やったでしょ?とつい言ってしまいます。

そんなの言うわけないっしょ、レベルの親塾は全然アリということです。

こうなると親塾「検定」ですね。

いま独自ドメインのほうで奇しくも

「過去問」にアプローチしています。

「過去問」攻略と「親塾」はかなり関係が深い。

少しずつほどけていくでしょう。

キタシロも教科の内容を教える塾の塾長はできません。

でも教わった問題はそのままコピーして伝えることはできるでしょう。

わが子といっしょに中学受験にチャレンジしてみる、

ぐらいの心構え???

昔から思うのですが、

「塾なんか要らない!」「こうして自分はわが校をトップ校に合格させた」

それだけのことをやったから、本にできるわけですよね。

本から「ヒント」を読み解くぶんにはかまいませんが、

たまたまうまく行ったから本が書けたのかもしれませんよ。

個人的には「塾なんか要らない」は

業界の邪魔をしているのではなくて、

単にほかの保護者を混乱させているだけ、のようにも思います。

子どもが10人いたら10人とも別の難関校に入れたのなら、

どういうメソッド?とちらっと思ったりしますが、

基本的に教え方で差がつくわけではなく、教わったほうの理解が

結果的に進んだから、得点化できたにすぎません。

簡単に言えば、本人のキモチです。

ということは先の親子の信頼関係ですね。

実際に受験術は存在するわけですが、それを価値化するためには

少々の誇張と少々の粉飾と少々の断言?が必要だと思いませんか?

だから本になっている。

大切なのは理想と現実の距離感です。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

問題は保護者の「覚悟」 | 07:25:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する