FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

中学受験はどう変わる?変わってきた?→PART4
「中学受験の将来像」カテに一旦終止符を打つにあたり、

まずは「二極化」についてのある側面をデータ公開します。

将来像=受験動向に偏っているのは重々承知ですが、

入試問題そのものについては、毎年新傾向が出るわけはないので、

教科学習の専門家に譲りたいと思ってます。

入試システムについては「基礎知識」としてのいろいろな項目がありますが、

システム変更やその流行は募集が安定していない学校の改革・工夫ですので、

近いうちに「中学入試の基礎知識」的なカテゴリーで追っかけたいと思ってます。

ということで今回のデータ公開は「卒業者数の推移」です。

卒業生の減少校

一部例外的に意図的に学校規模を縮小するケースもあるようですが、

基本卒業者数の減少は学校の(マイナスの)勢いを示します。

でも学校が伸びているときに卒業者数に反映するわけではないので、

完全にネガティブデータということになります。

高校募集をしている学校であれば、高校募集も不振であることを表します。

以前から小規模校でやってきた学校以外の、近年急失速している学校がわかります。

(注)東洋大京北は2015年より共学化し、人気が盛り返しています。

<今回掲載校>川村,富士見丘,国本女子,東洋大京北,暁星国際,瀧野川女子学園,桐蔭学園,北鎌倉女子学園,共立女子,淑徳与野,西武学園文理,大妻嵐山,日出学園,秀明,聖徳大学附属,文京学院大学女子,城西大学付属川越







にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「もっと、もっと!」という方は応援よろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学受験の「将来像」 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する