FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

悩んだら基本に立ち返る…悩まない?余裕もない?
言うまでもなくすべての学校に対して中立に語ることは難しいわけです。

「人間」を介さずに学校を客観的に知る、ということはありえません。

機械が生徒を教えているわけではありませんから。

人間が人間を教育しているのが学校です。

だからこそ客観的な材料を求めてデータを分析するわけです。

さて、思考の王道にのっとって、立場を変えてみましょう。

受験生やその保護者や塾関係者に知られる立場の

学校関係者ならどうでしょう。

すべての対象者に自分の学校をよく思ってほしいでしょう。

否、という学校は存在するのでしょうか。

(厳密にはしますけどね…笑)

ただ相手が際限なくあれもこれもカンペキを望んだら?

高い進路実績も、充実した学校行事も、そして入学試験の難易度も…。

・プロとして望まれてもできないものはできない

という開き直り。そして

・どんなに努力しても何も報われないので頑張るだけ無駄という諦め

人間だからこそ、限界はあるわけで、本音ではこう思うのかもしれません。

説明会はほぼ自由に参加できますが、

当然ながら取材を申し込んだ場合、対応したらどういう展開になるか、を

ふまえての対応ですから、あら探し、悪口が目的なので学校を見せてください、

はありえないわけです。

とりわけ広告企画でその学校のダメな部分が見えてこないのは、

取材者側もそれを知っても仕事に活きないからかもしれません。

自分の経験を振り返っても、記事にする前提なしに気楽に訪問した

ときほどいろいろなものが見えたりします。

また、何度も足を運ぶと情が移ることもありますからね。

誰だって親しくなったら「頑張れ」と思うわけです。

まあ、それを裏切られたらインパクトも大きいですけど。

まず募集の鉄則は「相手に好感を持ってもらう」ではないでしょうか。

だがしかし。

見える相手ならともかく、見えない相手に好感を持ってもらうのは

かなり難しい作業です。

ここでつい油断が生じます。

相手の受容力も千差万別で、同じ作業ですべての相手が好感を

持つとも限りませんからね。

募集担当の立場から保護者のひとりひとりを見極めて

接するのは大変煩雑な作業ですが、ただそれに比べて

塾関係者に接する場合、1年限りのお付き合いではないわけで、

どういう相手か見極めるのは軽んじてはいけないのです。

仮に保護者も数百人(以上)、塾関係者も数百人とすれば

どちらもいちいちたいへん。

ここですね、道が分かれるのは。

塾関係者も当然優先順位があり、学校情報誌を制作している

編集部・会社はさほど順位は高くないのですが、

さほど高くないからこそ「学校の対応の差」が明確になります。

優先順位にかかわらず、同じ対応しかしない、

もしくは優先順位そのものが存在してない学校は

慢心でしょうか?

先にあげた2項目

・プロとして望まれてもできないものはできない

・どんなに努力しても何も報われないので頑張るだけ無駄という諦め

この精神が自然に生徒に伝わってしまうとしたら???

まさに地雷校と言えるのです。

取材者は断片しか見ませんが、その断片がどれだけ大切かを

知っている学校は一期一会の大切さをよく知っています。

そして学校情報誌は年に1回の確実な出会いです。

きょうは最後に前回紹介しなかった

アンケート回答エピソードのリンクを

紹介します。

記事No.で115,117,126,127,129,130,131

それぞれ、去年の11/7,11/14,11/20,11/23,11/24,11/28,11/30

に公開した記事です。

10本のエピソードを2本ずつ5回。

そのほかに中締めとまとめで全7回でした。

学校な先生が大変な仕事なのはわかりますが、

膨大な機会のなかから記憶に残るインパクトを

思えば、毎日の仕事って日々油断できないものだという

ことがわかるかもしれません。


→【アンケート回答エピソード1&2】たまたまの凡ミスを責めるつもりはありません。(11/7)
http://chujdeepinside.blog.fc2.com/blog-entry-115.html

【アンケート回答エピソード3&4】その場しのぎは学校のためにならないような気が…(11/14)
http://chujdeepinside.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

【アンケート回答エピソード5&6】俺様がルールだ、締め切りだ。それが悪いかっ!(11/20)
http://chujdeepinside.blog.fc2.com/blog-entry-126.html

【アンケート回答】自分の都合と相手の都合のすり合わせ、そして交渉力・コミュニケーション力(11/23)
http://chujdeepinside.blog.fc2.com/blog-entry-127.html

【アンケート回答エピソード7&8】新しい校長名は時期が来るまでヒミツです。(11/24)
http://chujdeepinside.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

【アンケート回答エピソード9&10】都合が悪くなったらバックれようの精神?学校なのに?(11/28)
http://chujdeepinside.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

【アンケート回答エピソード・まとめ】正直に答えると、学校にとって不利になる!…???(11/30)
http://chujdeepinside.blog.fc2.com/blog-entry-131.html


独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

秘蔵!学校エピソード | 07:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する