FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
101位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進路実績をV字回復するヒントはどこに?
以前ブログにも書きましたが、学校説明会に行って何を聞いてくるか、

感じてくるか。もっとも自分が重点を置いているのは現状認識です。

正しい現状認識ができていれば、なぜ進路実績がそうなっているかも

説明できます。

数字が停滞したときにその理由を見つけることができるわけです。

難関大学合格率が落ちている学校のほとんどは

そんな当たり前のことができていません。

なぜでしょうか。

ある学校は入学レベルの低下を嘆きます。

10年前のよりも入学の難易度が下がって実力のある生徒が入ってこない。

それは誰の責任でしょうか?

学校側はどうすることもできないのでしょうか?

もちろんそれは募集の問題です。

実績が下がって人気が落ち、難易度が低下では単に悪循環です。

また進路実績は高3が卒業して初めて確定するものでもありません。

結果には途中経過があるのです。

この学年は有望だぞ、と途中で期待をかけすぎてもいいことは

ありませんが、各学年で途中経過を過去の実績と比較して

ラップタイムを確認し修正していく、そんな作業は可能なはずです。

進路指導部は高3だけを対象に活動するわけではありません。

難関大学合格率の低下を教科単位で分析しても、特定の教科に原因を

求めることは望ましくありません。この学年は全般的に英語が弱い。

英語科のせいじゃないのか?

責任のなすりあいは無意味です。

というわけで進路実績の結果がうまく残らない原因は明白です。

でも明白でもこれがいちばん難しい問題です。

一度その状況に陥ってしまうと、

外野からあれこれ言うのは簡単でも実際に改善するためには

とんでもない労力がかかるのです。

学校側が適切な現状認識を怠る、そして進路指導部がリーダーシップを

発揮できない…その土壌はどこに原因があるのか。

もし在校生に相応のポテンシャルがあるのならそれは不幸です。

いや冷静に考えればポテンシャルのない中高生などいるでしょうか。

もちろん楽しい学校生活は進路だけでうんぬんするものではありませんから、

行事でも部活でも充実した6年間ということは可能です。

ただ組織内のリーダーシップの欠如によって、

進路実績が低迷する学校を見るにつけ、とても残念に思います。

公立中堅校でも適切な目標設定で、教員スタッフの努力が実を結んで、

少しずつ上昇している学校は少ないながらも存在しています。

人間は慢心する存在なのです。これぐらいで十分だろう。

気がつくと現状認識が甘くなっているのかもしれません。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2010-2016 | 06:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する