FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

少なくとも首都圏では私立高校公立高校は表裏一体の関係
いまあるきっかけがあって、独自ドメインのブログのほうで、

1都3県の公立高校の進路実績の話をしています。

独自ドメイン「中学受験deep-inside.com」

中学受験は本当にいろいろな光の当て方があって、

鏡のような平面でしたら入射角・反射角が計算できるわけですが、

水面のように風によって表面が絶えず変化しているようで、

どこから見て何が映るかは千変万化です。

学校から見ても、塾から見ても見えるものは違うわけですし、

東京から見ても、神奈川から見ても同じものは見えません。

もっとも重要なのは中学受験の「全体像」を誰も必要と

していないことでしょう(笑)


いっそのこと単なるランキングメイキングの意図から、

高校の進学実績を並べることからのほうが、逆になぜなんだ?が

浮かび上がってきて、まあ自分にとっては興味深い。

もちろんすべての光景が俯瞰できているわけではないのですが、

大切なのは複数の場所に「立ってみる」ことじゃないかと

思います。

で、ブログ主の本音としては両方のバランスよく読んで

ほしいんですね。ヘビーですけどね。

イメージとしては、このfcブログを

マニアックな内容で、独自ドメインのほうを基本的な内容で

と思っているのですが、結局どっちも深堀りしていたりしますね(笑)

その意味であっちのブログ記事の「答え」を書きます。

正面切って言うなら、都立高校の頑張りが中学受験を減速させるわけ

ではない、ということです。


抽象的になりますが、都立高校の頑張りを見て、中学受験しなくても

いいかも思う層は本当に中高一貫教育を理解していないとまで

言わせていただきます。

都立高校が頑張らざるを得ないのは、それまでに私立に一方的に

やられてきたからです。石原都知事の時代からの反撃です。

そろそろその反撃も立ち止まる頃だと思いますし、中堅校の底上げにも

限界があると思います。

ブログでも書いていますが都立中高一貫校の募集開始は、

この私立に対する反撃の一環です。その裏には3年鍛えるより、

6年鍛えたほうが難関大への結果が残せる、と単純に思っているフシが

あります。でも実際そうなのです。ある程度まではその通りです。

ある程度まで。

その「ある程度」で満足するかしないか。

今度は保護者側の目標イメージがまったくもって不明瞭です。

きょうの独自ドメインの更新は神奈川の公立高校の状況について。

その後、千葉・埼玉となります。

この1都3県、ほんとうに全然環境が違います。

ある意味で中学受験はこのそれぞれの異なる環境にのっかっているのです。

東京在住だから東京のことだけ知っていればいい、では限界があります。

日本在住だから日本のことだけ知っていればいい、といっしょです。


実際そういう考えの人たちもたくさんいますから。

地球の裏側のことなんて自分には関係ない。

ほら、先日、グローバル教育の「ナンチャッテ」感についても

書いたと思います。

作業の段階で垣間見えたことを少しだけ。

埼玉の私立高校(中高一貫校)の伸び悩みの答えは公立高校にありますね。

そして、東京・神奈川の高校募集のみの私立高校は壊滅状態ですが、

よーく見てみると都内にはMARCH実績をぐいぐい伸ばしている学校が数校あります。

ただ、早慶上智の成績は驚くほど低い。たぶんこれらの高校は特進クラスを

活用して上位都立の併願者をうまく募集しているのでしょう。

この活発は数字の伸びを見ると「この勢いで中学作れば?」と思うのですが、

それではきっとうまくいかない。もちろん周囲の学校からの逆風もあるでしょう。

この早慶上智とMARCHの間の見えない壁が、公立高校の実績、私立の非一貫の高校の

実績を読み込んでいれば、ほんとによく見えます。

そして早稲田と慶應の間にも壁が存在します。その流れの中で上智は学生確保に

入試が易しくなっているように思えます。MARCHも明治と法政の差がどんどん

広がっていますが、早慶合格力のある学校はARCHをますます軽視しつつあります。

大きく出るなら日本の将来を考えるうえで、どんな高校生がどんな大学を目指し

つつあるかは見ていてとても興味深いわけです。

それを後ろで操って?いる進学校はもっとその自覚を持つべきでしょう。

あくまでも相対的な問題ですが、自覚のない高校が非常に多いと思いました。

進路指導はもっとしっかりすべきでしょう。


独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2010-2016 | 06:20:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する