FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
68位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

新進気鋭の進学校、というイメージ
1校の分析をエピソードを交えて書くたびに、新たな発見があって、

なんだか肩で息しながらフーフー書いているような気もします。

このブログの主軸はまずは「学校選択」ということにあるわけですが、

昨日の開智の近況を確認したくて、皆さんもよくご存じの某所の

「スレッド」を見に行きました。

相変わらずですねえ。某進学塾と同じ企業グループのポータルサイト。

いやサイト自身に非があるのではなく、書き込みをしている人に

非があるというのとも違いますが、いかに人間は信じ込みやすいのか

とそう思った次第です。

当ブログも「支持されているけど違うんじゃないか?」という

問題提起は大好きですが、これを「信者に何を言っても始まらない」とか

「最初からアンチな人に説明してもムダ」みたいな議論になりがちなんですね。

いやはや自分も経験ありますけどね。

書けば書くほど深みにハマるケース。

まあ、不毛なやりとりとは言いませんが、なんとなく感じたのは、

開智のようなタイプの学校が好きな人ってけっこう多いんだなってコトでしょうか。

ぐいぐいっと伸びてきたけれども、このまま行くの?

最近調子狂ってない?

学校に自覚があれば、広報を含めていろいろな手を打ってくることでしょう。

それが単なる対処療法なのか、本質を見極めた修正なのか、時間が経たないと

判定できません。

じゃあ、いま答えを求めている自分はどうするのか?

リスクを飲みこんで前へ進むしかありません。

だって外野はこうして「怪しいな…と言っていたのにね」って言いますもん。

公立中高一貫の進路実績を論じていたときも

「もっと長い目で見てあげなさいよ」

そんなコメントがありました。

長い目で見過ぎて困ったことになりつつある学校をほかにいくつも発見したから、

このままでこの学校だいじょうぶ?となっているわけです。

全然だいじょうぶかもしれませんよ。もしかしたら。

数多くの事例から、この場合はこういう可能性がある、なぜなら

○○な背景が見てとれるから。当たるも八卦、当たらぬも八卦…。

でも占いだって、その人の心の奥底を見透かして、さざ波を立てる

心理ゲームですよ?

教育効果を考えた場合、今後次々と新しいメソッドが登場するとは

思えません。そりゃあある程度成功したメソッドを拡大再生産しようと

するのかもしれませんが、ラーメン屋さんの例を出すまでもなく、

露骨なチェーン展開で、商品価値を安定させるには、

多くの試行錯誤、失敗が伴うのではないかと思うわけです。

果たして学校でそれが可能かというなら否でしょう。

もちろんそこにチャレンジする学校法人(企業体)を否定はしません。

チャレンジする学校にのっかったすべての入学生が割を食うはずも

ありません。

「すでに乗ってしまった以上プラス思考で前進したい」

という在校生の保護者が、懐疑的な意見を持っている、受験をするわけでもない

外野の声に耳を傾ける必要はないと思うんですね。

さらにはその議論が当事者以外の水掛け論であるとするなら、

単なる学校評論家どうしの罵り合いに首を突っ込むのも不毛な話です。

とにかく毎年進路実績は出てくる。

それに学校が満足しているか、いないか。

現状認識を踏まえて、今後どういうビジョンを描いていこうとしているか。

ただただ好感度を上げて次年度の受験生を減らさない、ということなのであれば、

かなり寂しいビジョンだということです。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2010-2016 | 05:50:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する