■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
72位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【最新進路実績7年間推移】学校別・第6回=浅野
きょうは

前回の東京都市大学付属につづいて

神奈川県でもっとも受験者数の多い男子校、

浅野を分析してみましょう。

毎年安定して1500人を超える受験生を集めています。

浅野の入試日は2月3日。聖光学院、栄光学園が2月2日で、

神奈川の男子受験生は2月1日にも別の学校を受験することができます。

これまでに紹介した埼玉の栄東と千葉の市川は1月日程で、

2月1日に入試解禁となる東京・神奈川の受験生を広く集められる性格の

入試ですが、2月3日の浅野の入試は神奈川県内(一部都内)からは

広く受験生を集めますが、埼玉生・千葉生はほぼ関係してきません。

これは第一志望の受験生の比率が仮に少ないとしても、

第二志望、第三志望の受験生が多くなる構造です。

もし仮に2月1日に県内の別の男子校を受験するにしても、

偏差値や進路実績から浅野が第二志望におさまる可能性が高いわけです。

こういった背景を理解すると、以下の推移グラフが理解しやすいでしょう。

(以下、推移グラフおよび有料コンテンツ)

いずれにしても「浪人したら難関大合格率が下がる校風」が存在するとしたら、

大問題です。学校はそれは個人個人の問題でしょうと

言うのかもしれませんが、浪人生はサポートしない学校もあるわけで、

在学時はチャレンジ精神を鼓舞しておいて、現役生以外は

「あとはご自由に」では寂しすぎると思うんですね。

話が脱線しましたが、浅野の実績の安定は、

受験層も安定していることと、入試が1回だけで安定した出題をしている

ことが要因となっているのではないでしょうか?

最高でも「第三」志望校になりがちな2月3日の入試で、そうならない実力校

というのが、まずはこの浅野の実態のように思います。

独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


進路実績推移グラフ2010-2016 | 07:20:00

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。