FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
75位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

改めて。進路実績=校風である。以上。
学校別分析、まあコツコツやっていきますが、

最初は2009-2015推移と1年差し替えて、

2010-2016推移として、変化を語っていけばいい、と

カンタンに考えていました。

もちろん、判定の基準はいつもの

国公立20大、早慶上智、MARCHの3カテゴリーで

語り切れるような気がしていたのですが、

無料バージョンで開成、桜蔭を紹介したときに

否が応でもこの基準に対しての「例外校」の存在が

クローズアップされました。

じゃあ、例外な学校間の差は何なのか。

また、多くの受験生を集める人気校を取り上げたときに、

優秀な進路実績の「イメージ」であることも気になりました。

もしかしたら「教育の質」を論じるときに、

多すぎる受験者は足かせになるのでは?

そう思ったのです。

もちろん受験料収入の点ではプラスです。

ただ受験生が第一志望で受けていないとすれば、

大量の合格者が他校に流れることが予想されるわけで、

合格ラインの設定はかなり難しくなります。

こういった「歩留まりの読み」は専門家でも

外すときが多く、学校によっては2~3クラスぶん、

学年差があるケースさえあるぐらいです。

ある年、絞りすぎて、次の年にラインを甘くして、

合計がちょうどよくなる…というケースで、

学年ごとの進路実績を揃えるなんて、どう考えても無理でしょう。

ましてや、世間は合格率でなくて絶対数で語りたがりますから、

入学者が多い年に攻めに出る、ことにもなりかねません。

あとは途中途中で、こうした学年間の差を埋めるための

現状把握をどう行っているか、という問題もあるでしょう。

高2、高3になった時点で、「期待できないな」なんて言っているようでは

お話になりません。

それでは手を打つのが遅すぎるのです。

某女子校のように、校長自ら、去年、おととしの卒業生は入学時の

偏差値が低かったのでダメでした、なんて言うようでは論外です。

実は「進路実績推移」の裏側には3カテゴリーのグラフだけでは

見えてこない真実がたくさん埋め込まれているのです。

すでに公開している、国公立大合格者の質の問題、早慶上智とMARCHの比率の問題、

早稲田と慶應の比率、MARCHの中での法政の比率…。

実はこれに女子校は女子大志向の有無を加え、さらに現役合格の傾向や、

合格者中の非進学者数など、たくさんの要素から成っているわけです。

これも多くのサンプルを見ているからこそ、語れる話なのです。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2010-2016 | 06:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する