FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

学校選びって消去法、かもしれない?→PART4(プロローグ)
明らかに進路実績が伸びていない、をどう客観的に表現するか、

一見難しそうに思いますが、そうでもありません。

長期間「合格率」を集計・記録していて、

いちばん古いデータから任意の年度までの「最大値」を記録していけばいいんです。

簡単に言えば自己ベスト

自己ベストを毎回更新しているアスリートが伸びていることは簡単にわかりますよね。

相対的な順位は別にして、絶対評価として頑張っている。

しかし、10年前に自己最高を記録してそれ以降記録更新がなかったらどうでしょう。

まれに何かの間違いですごい記録が出てしまうことが進路実績でもあります。

高地大会だった1968年のメキシコ五輪のような。確か男子走り幅跳びのビーモン(アメリカ)記録は

23年間破られませんでした。

トリビアを振っている場合ではありません。失礼しました。

そして突然変異の自己ベストもこのように統計するとマイルドになります。

7年推移で7回の記録をよかった順に1~7の順位づけをして、近3年の(順位の)合計値を算出する。

すると5+6+7=18が最低値で、1+2+3=6が最高値。13段階の目盛りが形成されます

これを例によって国公立20大、早慶上智、MARCHの3カテゴリーで合計するなり、

平均してみると伸び状況が算出されるわけです。これは順位型

順位ではなく伸びの度合いを数値化したい場合は、3年間の平均値÷7年間の平均値、これが簡単な方法でしょう。数値型

この両方で上位の数字、もしくは下位の数字になる学校は、まあ言い逃れができないでしょうね。

おっとマニアックに数字のいじり方を説明して長くなってしまいました。

ここは方法論、ということで実際のランキングはこのあとで。

(ランキング自体は本日夜の定期更新で)








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「もっと、もっと!」という方は応援よろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

地雷を踏まない学校選び | 10:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する