FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

東京大学という魔法の?四文字
学校別・進路実績分析。

開成、桜蔭という特別の学校を最初に持ってきて、

国公立大<早慶上智<MARCHという合格者数構成になっている

栄東を続けたところで、まずはノーマルな流れになったかと

思いました。

ノーマルとそうでない学校の境目も興味深いので

そういった学校の一覧も面白いかな、と思いました。

進路実績の分析はいろんな角度から比較できて、

ほんとうに興味深いと思いました。

ところが栄東、ノーマルな並びの裏に学校の戦略が

潜んでいましたね。

常日頃気になっていることは、難関大進学の弱小校は

東京大学合格1名で鬼の首を取ったようなアピールを

すること。冷静に見て、10年間のうち1回だけ

東大1名を輩出する学校は数多くあるので、

悲願の東大1名にほとんど意味はないと思っています。

東大1名の背後にはたくさんの東工大や早慶合格が

あるはずで、そこが学校の「レベル」だからです。

しかし、いつの時代になっても世間は東大合格者数で

進学校を論ずることが多いように思います。

消費者のレベルに合わせて、メーカーが品質の足りない

製品を作るような、そんなイメージがあります。

じゃあ、「東大合格者数だけで世間が評価するなら、

そこで勝負してやろうじゃないか」


数年前、別の埼玉県の進学校で進路指導部の失言は

忘れません。東大合格者が目標に達しなかったのは生徒の

責任ではなくて、進路指導部の責任…。

見事にはき違えています。

地域性でしょうか?

それは失礼ですね。

でも十年前に訪問した、また別の埼玉の共学校は

「埼玉の桐蔭学園になる!」と校長先生が言っていましたよ。

規模が大きくスポーツも勉強もトップクラスの学校ということでしょう。

戦っている部分が教育の質じゃないのかな?と思います。

いっぽう同じく十年ほど前、訪問した桐蔭学園では

「開成や麻布をライバルに見るのではなく、関西の灘を意識しているから

3教科入試」と言っていました。もう過去の話です。

広報の先生は日能研との関係にも言及していました。

塾と私立の関係が密すぎる、そう話していました。

それこそ「いろいろな考え方がある」のでしょうが、

ここで出てきた各校は結果が出ていません。

十年見てきて結果が出てきていません。

自分の出身校は北海道でトップ10前後の学校でした。

地域ではトップの公立校ですが、東京大学合格者は

5年に1回ぐらいは「なし」という年もあります。

多くても3名が限度です。

自分たちのころは「受験対策もっとしろよ。のんびりしすぎ」

そんな感じでナチュラルにもほどがある、

と思いましたが、地方の公立はいまでも多くはそんなもんでしょう。

形だけの?夏期講習。学校が自前でやります。

でも30年以上経っても、そこからレベルアップすることも

レベルダウンをすることもないわけです。

いわゆる伝統校ですからね。

総合的には都立高だったら20~25番目ぐらい。

旧学区の2番手、3番手あたりのカンジなのですが、

都立高のこのクラスで東大合格が3名も出たら、

大変な騒ぎでしょう。

つまり首都圏では地方よりも断然生徒の振り分けが

厳しいと言えます。地方のほうが玉石混交ということです。

そんな中で首都圏各校は卒業生の進路実績で入学時の偏差値を逆転する

ことは至難の業であるとも言えるわけです。

そこで「東大特化の道」

自分でこういう展開になるとは予想していませんでした。

学校別・進路実績分析。

その学校の特徴的な進学パターン以外、

そんな道を選んだ生徒の数、選ばざるをえなかった生徒の数、

学校ですから多様性こそもひとつの価値であると思います。

それとも保護者は難関大学合格者製造工場を望んでいる、

のでしょうか。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2010-2016 | 04:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する