FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「中高一貫」についての基礎知識→PART4(後編)
東京に八王子学園八王子という学校がありますが、

2012年に中学を開設した新しい学校です

この学校では中学から早期に始めることによって

難関大学に合格する「中高特進」というキーワードを用いています。

中学入学時点で高校進学時の「文理特進コース」が約束されていると謳っています。

確かに現時点の高入生のMARCH実績の伸びには目を見張るものがあります。

一貫生抜きで近4年でMARCH実績は3回も自己ベストを更新していますから、

進学意欲が高まっていることは間違いないでしょう。

でも以前に紹介したようにMARCH:早慶上智の指数は7以上あるのです。


(参照)本ブログエントリー[21]
早慶上智とMARCH比率

中高一貫一期生がMARCHを飛び越えて早慶上智の実績を大きく上乗せするか、

注目すべきところでしょう。

なぜなら2015年度の高1学年に占める内進生の比率は17%で、

600名という大所帯の学年規模も含めて、

先に紹介した埼玉2校と非常に近いからです。

多数派を主体に学校経営を考える、ことは当然のことです。

これを踏まえて受験校に選ぶかどうかは受験生の自由です。

当然他の志望校の合否の状況もあるでしょう。

入学した後で、「思った学校と違う」というケースは表面化しませんが、

けっこう多いようです。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「もっと、もっと!」という方は応援よろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

「中高一貫」を理解する | 10:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する