FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

刺激し合ってお互いに育て合う…関係はあまりに非現実的
すべての人が理解するわけではないので、望んでも無理な

部分はあるにせよ、基本的な構造として、「教育サービス」を

提供する側とされる側の関係を考えると、

あくまで相対的なものを感じるわけです。

受ける側が「不満」と感じるか「この程度で満足」と感じるかで、

サービス提供側の企業努力は変わってきます。

競争を繰り返しながら、業界一位を目指すことは誇らしいことかもしれませんが、

際限のない努力、改善はコストアップ、人的資源に対しての負荷を

意味します。

誰もがそのバランスを模索しながら日々を過ごしていると言えるでしょう。

経営者の腕の見せ所ですね。

独自ドメインブログで塾の裏事情をだいぶ書きました。

15年夏秋のfcブログで書き切らなかった裏事情、かなりマニアックな内容に

なりましたが、かなりネガティブな内容でもありました。

ある人は「こんな知識があったところで対処なんかできない」と思うかも

しれません。

でも、自分の考えでは

全体の構造を知らずに苦境に陥るのと、

うすうす感じていて理想形を外すのでは、その先の挽回手順も

大きく異なってくるように思います。

まあ、どんなに頑張っても失敗は失敗、という結果主義者も

いるのでしょうが、俯瞰力や自己肯定力の差は

試行するごとに小さな差を生むと思います。

で、その甘えの構造は学校だろうが、塾だろうが、他の業種だろうが

いっしょだと思います。

人間であるからには甘えに逃げることは習性の一種ですから、

そのものを非難しても始まりません。

リオ・オリンピックを見てもわかりますよ。

期待された通りの結果を残せなかったアスリートには、

失敗する伏線があったでしょうか?

金メダルでなければ、銅メダルでは意味がない、でしょうか?

さらなる努力とその後の人生を考えたときに、

自己肯定をしながら上を目指す姿勢が重要だと思います。

きょうは抽象的な話に終始しましたが、

甘えの構造のなかでそう誘導されている部分も俯瞰したいところです。

つまり、中学受験はあくまで特殊な存在であるからこそ、

その特殊性をどう押さえるか、消化するかが分かれ道なのです。


独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100総括はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 06:40:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する