FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進路実績の実態を経年変化を強く意識したうえで把握するために
難関大学合格率ランキング…けっこうこれは長い期間かけて熟成させてきました。

アンケート回答や、集計のブレが多少あっても、相殺されるように平均値の変化で

徹底して数字を見てきました。

ランキングの盲点がどこにあるのか、それも永年確認してきました。

このランキングの弱点は、

●系列大学内部推薦が7割以上の学校の実力は判定できない
→早慶上智、MARCHの付属校は登場しない

●国立難関大や医学部に志向がシフトしている学校、
MARCHを希望する生徒が少ない学校は
数字が低く出る→開成、麻布、桜蔭、筑駒はランクが低く出る

●武蔵は合格者数非公表なので偏差値の割に順位がとても低い
→学校が他校と比較されたくないというポリシー。

●現役進学率は加味されていないが、現役でMARCH合格が主流の学校は
ランクが高く出やすい→

こんなところです。

確かに相対的なランキングも気になるものですが、

各校のタテの比較、経年変化がより重要です。

着実な歩みを継続していれば、自動的に順位は上昇します。

そのいっぽうで停滞している学校も案外多いものです。

7年間平均値の推移は1年ではさほど変わりませんが、

小さな積み重ねで5、6年も経過すると変化が大きい学校も

多いため、順位そのもの以上に注目です。

前記事でも書きましたが2007-2013の平均値と

2010-2016の平均値の差、TOP100校では13.9%になっています。

TOP10を維持しているなら別ですが、この4年の変化で

マイナスが記録されているとするなら、この先も厳しい結果が

待っているように思います。

ある年だけ回復することはあっても、劇的に反転した例は

いままでほとんど見たことがないからです。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

2009-2015難関大合格実績推移TOP100総括はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2010-2016 | 05:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する