FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

総合的には中学受験も「保護者の受験」なのでしょう…
わが子の論理性のなさに、つい感情的になってしまったことはありませんか?

いわゆる口ごたえというヤツですね。

反抗期は一人ひとり違うのですが、小6ぐらいになると親の指示に

素直に従わないことが多くなると思います。

それでも多くのご家庭では底流に親子の意見の一致があるので

さほど心配はないと思うのですが、

実際に「なぜ中学受験をするのか」にそれはあるでしょうか?

「あなたが受験したいと言い出したのでしょう?」と

本人の責任を問うたことはありませんか?

「わが家の教育方針ですから、あなたは私立中学を受験するのです」

本人にそうストレートには言わないと思います。

数日前にチラ見した、ご近所さんのブログで

「そんな態度では第一志望になんか受からないぞ、第八志望にしか受からないぞ」

とハッパをかけたら、本人が

「じゃあ、いまの第一志望を第八志望に変更する」

面白いですか???

ハッパのかけ方にも問題がありますし、第八志望というワードがこの時期すんなり

受け止められるのも???となります。

このブログでは、まあ永遠に解けない課題に取り組んでいますから、

たびたびこんな展開になりますが、

私立の過大評価校、過小評価校が明らかになったところで、

このランキングになんと!公立中高一貫校を混ぜてみようと思います。

それと国立中も。

さあ、どう変化するでしょうか?

ってもう集計したのでこう書いているのですが、事前の予想では

「公立中高一貫校なんて、ものの見事に過大評価校だらけだろう」

ところがですね。

違ったんです。

二極化していました。

これって標準偏差が小さくなりすぎて、偏りそのものが

「過大評価」なんじゃないの?

なんて思いましたが、まあ見事に二極化されていました。

いや、「公立中高一貫校」そのものは「均質」に近いんですが。

それが何を意味するのか。

明日、第四クールのPW記事の最後として発表します。

第四クールのPW記事、大サービスで7本めになりますね。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

2009-2015難関大合格実績推移TOP100総括はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する